司会者の立ち位置は舞台の下手!10分割して3つ目の位置!

暑いですね~

 

いつもこの時期は

涼しくなり始めているのですが・・・

 

 

まだまだ美味しくビールが飲めますね!!

 

 

9月に入ると北海道では夏祭りも一段落。

 

これからは神社の例大祭や

様々な集いの発表会があります。

 

 

そんな色んな舞台に立つ司会者ですが

必ず守る決まりがあります。

 

司会者のルールといっても良いですが

決め事ではないけれど

気を使ってやっていることもあります。

 

そんな人知れずしていることも含めて、

 

『司会者のこだわり』

 

として紹介していこうと思います。

 

 

 

司会者のこだわり その1

 

 

立ち位置ってなに? 

 

 司会者が舞台上で立つ場所のことを

 

「立ち位置」

 

といいます。

 

そのままですね(笑)

 

実はこれ、勝手に好きな場所に

立って良いわけではないんです。

 

下手側から舞台を10等分すると

3:7の3の位置に立ちます。

 

(下手、上手の説明はまたの機会に)

 

 

f:id:KEISHU:20190910145200j:plain

 

司会者は「会を司る」と書きますが

あくまでも黒子です。

 

陰に徹するためにも、

下手側に常にいることになります。

 

目立ってはいけないぞ!

 

 

絶対に下手の3の位置なの?

 

 

これは会場の都合にもよるのですが・・・

 

出入りや音響機材の関係上

上手から出入りするときもあります。

 

そんな時は上手側から舞台を10等分して

3:7の3の位置に立ちます。

 

f:id:KEISHU:20190910150026j:plain

 

下手の3の位置の反対ですね。

 

それでも司会者はなるべく目立ちません。

 

必ず3の位置に立ちます。

 

 

ステージの中央に行くことはないの?

 

 

司会者が動き回ると

照明さんがスポットライトを

動かし続けないといけなくなり

大変ご迷惑を掛けてしまいますね(笑)

 

 

でも、歌い手さんやタレントさんなどの

出演者と舞台の上でカラむ時は

司会者もステージ中央に行きます。

 

(カラミについての説明はまたの機会に)

 

こちらから出向かないと失礼ですからね!

 

 

まとめ

  1. 司会者は黒子に徹する
  2. 舞台を10等分して下手側の3の位置に立つ
  3. カラミの時は中央に行ってOK

 

 

この立ち位置ひとつで、

その司会者がプロか素人か

一目瞭然になってしまいます。

怖いですね!!

 

 

以上

司会者のこだわり その1

でした♪