今年4度目の皮膚科通院~アレルギー性皮膚炎は治ってない?

2020年1月も終わりに近づいたある日、まさかの今年4度目の皮膚科の通院に行ってまいりました。

 

今までの皮膚科通院の経緯はこちらです。

 

①じんましんかと思われた赤い発疹で、寝れない夜を過ごす。 

keishu.hatenablog.com

 

②やっと病院に行くと、薬疹(薬によるアレルギー反応)だったことが判明する。

keishu.hatenablog.com

 

③痕が消えるまで2、3か月かかるが、もう病院に行かなくても良いとなり、通院終了。

keishu.hatenablog.com

 

 

皮膚科に行くまで

赤い発疹

 

なぜまた皮膚科に行ったのか?

 

これは言うまでもありません。

体に赤い発疹が出たのです。

 

しかし、以前にブログに書いたような、見るも無残な発疹ではありません。

 

出る範囲も全身とは言え、広さは狭く、ちょこちょこ出ているだけ

痒いことは痒いですが、夜に寝れないほどや、発狂しそうなほどではありません

 

前の酷い有様に比べてしまって、ちょっと発疹が出たくらいじゃ、気にならなくなっていました。

 

10日後

 

と言うことで、最初に発疹が出てから、10日間ほど経ちました

 

痒みをこらえながらだと考えると、長い時間が経過してます。

前の発疹の時に、薬を飲んだり塗ったりしていたとは言え、最終的には『治まるまで放っておく』ということでしたので、素人判断で放置してしまいました。

 

しかし、「放っておけば発疹は消えるかなー」と思っていたのですが、一向に消えません

しかも、少しずつ発疹が増えてきています

前回に比べたら、「増えていないかも?」と思うほど、ゆっくりとですが。

 

さらに今回は前回と違い、手の甲や足の甲にも、発疹が見られるんです。

前回は服で隠れたから良いものの、隠せない部位は困ります

 

今更ですが、これは一度診てもらった方が良いと判断し、通いなれた皮膚科へGO!

 

症状が出始めた時の右腕

f:id:KEISHU:20200202140146j:plain

 

まだ大したことないですね。

これ以上に症状が進んだ写真は載せませんので、ご安心ください。

 

診察

 

診察室に入ると、まず先生から前回の発疹のその後について聞かれます。

 

先生「良くなりましたか?」

 

「まだ痕は残ってますが、痒くはありません。今回は別の件で来ました」

 

先生「では、前回までの治療はもう終わった、ということでいいですね?」

 

しっかりと確認されます。

お医者さんからしたら、新たな病気なのか、前と地続きの病気なのか、ハッキリしておきたいんでしょうね。

 

「はい!前のは、痕が消えるのを待ちます。それで今回は、また赤い発疹が出まして……」

 

と、おずおずと袖をまくり腕を見せると、先生の目の色が変わります。

 

先生「あーまた出てきてるね~」

 

「え!?また!??」

 

驚きました。

『また』と言うことは、前回から続いている、同じアレルギー性皮膚炎なのでしょうか?

 

先生「じゃあ、脱いでくれるかい」

 

私も慣れたものです。

さっと上半身裸になると、ちょこちょこ赤くなったお腹が、あらわになりました。

 

先生「うん、間違いないね。同じヤツだ」

 

どうやら、年末年始に悩まされたアレルギー性皮膚炎が続いていたようです。

 

「で、でも!前に比べたら、見た目酷くないし、あんまり発疹出てないし、そこまで痒くないんですよ!?」

 

最初に自信満々に「前の皮膚病と違います!」と言ってしまった手前、なぜか必死に言い訳をする私。

 

先生うん。いつくらいから出てるの?」

 

素人の推測ほど当てにならないものはありません。

さすが慣れた先生、私の戸惑いをよそに話を進めます。

 

「10日前くらいからです」

 

先生「薬は何か飲んだー?」

 

正露丸を飲みましたが、それ以外は飲んでません」

 

先生「発疹出た時期と前後してるかい?」

 

「う~ん、ちょっと思い出せません。後だったような」

 

先生「これからも飲むことあるよね?大事なことだから、次は覚えておいてね」

 

前回のアレルギー性皮膚炎が薬疹でしたので、私が一番気を付けなければならないのは、薬アレルギーなんでしょうね。

 

f:id:KEISHU:20200202142603j:plain

 

ここからは、問診の嵐です。

 

先生「風邪ひいた?」

 

「いえ」

 

先生「喉痛くなった?」

 

「いえ」

 

先生「ご飯食べてる?」

 

「普通に」

 

先生「じゃあ体調は?」

 

「(被せ気味に)健康です!」

 

皮膚に異常が起こっているのに、健康も何もないもんですが(笑)

テンポ良かったのでノリノリで答えちゃいました。

 

先生「それでは前回と同じ薬を、一週間分出します」

 

「ありがとうございます。一週間経ったらまた来ます」

 

私も慣れたもので、先生に言われる前に、自分から次の診察予定を立てました。

 

しかし、先生からドキリとすることを言われます。

 

先生「一週間様子を見ても治まらないようなら、血液検査をしましょう

 

「け、血液検査!?……ですか?」

 

そんなに重篤なのかと、驚いちゃいました。

 

先生「まぁ、血液検査しても、分からないことが多いんだけどね」

 

ハッハッハ、と先生は笑い、診察は終わりました。

 

f:id:KEISHU:20200202143042j:plain

まとめ

 

今回のポイント
  • 前回と同じアレルギー性皮膚炎だった
  • 素人判断は当てにならない
  • 一週間後に血液検査?

 

血液検査

 

最後の最後に出てきた、血液検査というワードに驚きましたね~。

 

しかしよく考えたら、私は以前に耳鼻咽喉科でのアレルギー検査で、血液検査をしたことがありました。

つまり、そんなに驚くことじゃないわけです。

 

対処療法 

 

ちょっとググっただけでも、アレルギー反応は分からないことが多いと、たくさん出てきます。

なので、お医者さんですら対処療法しかできないのは、仕方ないことです。

 

しかし、自分がどうなるか、予想がつかないのは不安ですね。

今は良くなっても、また症状が出るかも知れません。

完全に原因を特定できれば、対処のしようもあると言うものですが、難しいですね。

 

薬を塗る時間

 

今回は、そんなに全身くまなく発疹が出ているわけではないので、 薬を塗るのに30分もかかりません。

前回が大変だったので、今回の毎朝・毎晩の5~10分くらい、なんてことないですね!

 

一週間後にまた皮膚科に行きますが、まずは薬が効いて良くなることを祈りつつ。

 

以上

「今年4度目の皮膚科通院~アレルギー性皮膚炎は治ってない?」でした♪