一ヶ月で5度の皮膚科通院~血液検査が必要?診断はいかに!

2020年が始まってまだ1ヶ月とちょっとなのに、早くも5回目の皮膚科通院です。

 

前回から一週間経ち、今回の診察で症状が治まっていなければ、血液検査をしなければなりません。

さぁ、診断はどうなるのでしょうか!?

 

f:id:KEISHU:20200209001712p:plain

今までの通院履歴は全てブログに書き記しております。

 

①じんましんかと思われた赤い発疹で、寝れない夜を過ごす。 

keishu.hatenablog.com

 

②やっと病院に行くと、薬疹(薬によるアレルギー反応)だったことが判明する。

keishu.hatenablog.com

 

③痕が消えるまで2、3か月かかるが、もう病院に行かなくても良いとなり、通院終了。

keishu.hatenablog.com

 

④軽度ながらも再び赤い発疹が。10日経っても消えないので病院へ。

keishu.hatenablog.com

 

 

診察

血液検査はしない

 

通いなれた病院の、見慣れた診察室です。

先生が単刀直入に切り出します。

 

先生「どうだい?」

 

「だいぶ良くなりました!」

 

そう、飲み薬を飲んで塗り薬を塗っていたら、一週間で赤い発疹はその姿をほとんど消したのです。

 

先生「腕見せて」

 

袖をまくり、前回の診察時にハッキリと症状が出ていた腕を見せます。

今は痕も残っていませんが、吟味するようにじっくりと診る先生。

 

当たり前ですが、血液検査をするかどうかの瀬戸際ですからね。

石橋を叩いて渡るくらいで、ちょうど良いのでしょう。

 

先生「お腹も見せて」

 

即座に服を脱いで、腹部を露出します。

 

先生「うん……落ち着いてるね」 

 

「足の方はまだちょっと赤いんですけど」

 

指示されてないのに、勝手にズボンを脱ぎだす私

しかし残念ながら(?)、先生はあまり見てくれませんでした(笑)。

 

f:id:KEISHU:20200209001146p:plain

 

先生「ご飯は食べれてる?」

 

「はい」

 

先生「寝れてる?体調は大丈夫?」

 

「はい」

 

実はちょっと辛いことがあって、少し前に全然寝れない日が一日だけありましたが、そんなことを言ってもしょうがありません。

 

いくつかの問診を終え、先生の結論が出ました。

 

先生「血液検査はしなくても大丈夫そうだね」

 

これは嬉しい。

薬が効いているのか何なのか分かりませんが、とりあえずの経過は良好のようです。

 

先生「飲み薬を出しておきますから、一週間飲んで様子を見てね」

 

「分かりました!」

 

塗り薬は前回もらった3本中2本が残っているので、飲み薬だけもらいました。

私はすっかり良くなった気分で楽しそうにしていましたが、先生は油断していないようで、最後に念を押されます。

 

先生「一週間のうちにまた症状が出るようなら、写真を撮っておいてね」

 

病院に来た時に症状が治まっていたとしても、発疹が発生した時に写真を撮っておけば、後で状況が分かるからこその指示でしょう。

 

「また症状が出るかもしれないのか」と、少しだけ不安になりましたが、何か対策を取れるわけでもありません。

何かあった時に助けてくれるであろう先生と、自分自身を信じましょう

 

f:id:KEISHU:20200209001838j:plain

蕁麻疹(じんましん)

 

帰る前に、疑問に思っていたことを先生に質問しました。

 

「寝る前に痒いなーと思ったら赤いのが出てて、寝て起きたら消えているんです」

 

以前のブログにも書きましたが、赤い発疹が出たと思ったら、いつの間にか消えていることがあるんです。

私はこのアレルギー性発疹(薬疹)以外にも皮膚病を持っているので、もう何が何やら分かりません。

 

赤い発疹だと思ったところに、以前もらった薬をつけていたら、「それはニキビだからその薬はつけたらダメ」と言われたこともあります。

「ならば!」とニキビの薬をもらって、それっぽいところにつけていたら、「それは何もつけたらダメ。放っておきなさい」と言われました。

 

素人には判別不可能です!

 

して今回の私の相談に、先生は明快に一言で診断を下しました。

 

 

先生蕁麻疹だね」

 

 

……ですよね!

 

まぁ、予想はしてました。

ということで、これからは急に痒くなってもすぐに薬はつけず、時間を置いても消えていなければ薬を塗る、という自分なりの判断をする必要ができました。

 

蕁麻疹の原因も分かりませんが、皮膚病はプロのお医者さんでも分からないことだらけで、どうしようもありません。

 

f:id:KEISHU:20200209000906p:plain

まとめ

 

今回のポイント
  • 血液検査はしなくても大丈夫
  • 一週間様子を見て異常がなければ通院終了
  • 蕁麻疹を持っていることが確定

 

良くなったと思ったら、また赤い発疹が発生するという、一進一退の攻防が続いております。

 

しかし、年末年始の吐き気を催すほどの症状はあの時限りですので、まだ気持ち的には楽です。

 

そして季節が冬というのにも、助けられております。

肌を見せなくて済みますからね。

 

でも冬ですから、お肌が乾燥します。

乾燥肌にクリームを塗ろうとしたら、クリームの注意文に「肌に異常がある時は使用しないでください」って書いてあるんですよ。

これではクリームを塗れません!

 

冬だから助かっている面があれば、冬だからこその悩みも、やはりあるわけですね

 

f:id:KEISHU:20200209000621j:plain

 

いずれにしても、一週間様子を見ます。

これで通院が最後になるように祈りながら……。

 

以上

「一ヶ月で5度の皮膚科通院~血液検査が必要?診断はいかに!」でした♪