年末年始をじんましんに悩まされ最悪の年越し~でも負けない

新年明けましておめでとうございます!(三回目)

 

新年でおめでたい話をしようとしていたのですが、とある事情から、

 

全然集中して文章を書けません!

 

いつもの仕事の話ではなく、何でも自由なテーマで話せるお正月と位置付けていましたので、何を話そうか楽しみにしていたのですが・・・。

 

好きなアーティストであるLiSAの紅白初出場の話や、FLOWのカウントダウンライブの話。

M1などお笑いの話。

最近読んだマンガ(『ジョジョ』や『福本伸行作品』)や、2020年春アニメの話。

面白かった小説『屍人荘の殺人』の話。

 

話したいことがてんこ盛りだったのに、残念です。

 

 

皮膚病(じんましん?)

症状と経過

 

面白い話ではないのですが、その、とある事情を書き綴ろうと思います。

 

結論から言うと、皮膚病です。

全身が赤い発疹に覆われ、痒みで上手く頭も働きません。

なにせ、寝てても痒くて目が覚めるくらいなんです。

 


 

気持ち悪い人がいると思うので、症状が出始めの軽微な写真を3枚だけ載せて、重い症状の写真は載せません。

 

でも、全身の経過を小まめに撮影しているので、軽症~重症まで、参考になるような写真をあげることはできます。

 

もしも参考にしたい方がいれば、別途で写真を載せたブログを書くかも知れません。

 

以下の文章も、気持ち悪くならないように気を付けます。

 


 

何の病気か。

 

おそらく、『蕁麻疹(じんましん)』

おそらくと言うのは、年末年始で病院がやってないから、素人判断しかできないためです。

 

発生最初期の左腕

f:id:KEISHU:20200101205008j:plain

 

インターネットで色々と調べました。

赤いポツポツが肌に浮かび上がって、しばらくすると消えるのがじんましんの特徴だそうです。

長時間消えないように見えても、一度消えて同じ場所に再度発生しているそう。

 

私の場合は12月29日に、肌の一部が赤く膨れているのを発見しました。

虫刺されのようでありながら、あせものように集合している箇所があったんです。

右の肩甲骨の辺りから、わきにかけて。

 

発生最初期の右足(内側)

f:id:KEISHU:20200101205210j:plain

 

前から湿疹の皮膚病を持っているので、特に気にせずにいたのですが、次の日の12月30日には、全身に徐々に赤みが広がりだしたのです。

 

広がると表現しましたが、より正確に言うと同時多発的です。

腕と足と、最初に発見した肩甲骨の各所から、周りに侵食していくイメージです。

 

歩いていても、服と肌の擦れで痒くてたまらなくなるくらいです。

 

発生最初期の右足(外側)

f:id:KEISHU:20200101205326j:plain

 

まぁ寝れば治るだろうと楽観視して、次の日の12月31日。

自分でもドン引くくらい、全身が赤く染まってきました。

 

『ポツポツ』ではなく『ブツブツ』って感じで。

 

これは放っておける場合じゃないと判断するも、先述の通り年末年始で病院はやっていない。

救急病院も調べましたが、札幌市で年末年始にやっている中に『皮膚科』はありません

 

眼科や耳鼻科、精神科なんかはあるんですけどね。

 

なぜ皮膚科はないんでしょう、札幌市さん!

 

痒みで辛くてたまらないので、内科で診てもらおうかと思いましたが、ググったところ内科で皮膚を見るのはやはり専門外だそう。

 

とは言え、よっぽど痒くて死にそうになったら、内科でもいいから救急病院に行きましょう。

 

f:id:KEISHU:20200101210127j:plain

かゆみ止め市販薬

 

しょうがないので、近くのドラッグストアに行きました。

年末年始が終わって病院が始まるまで、痒みだけでも抑えようと思いまして。

 

そこで薬剤師さんに相談したのですが、かゆみ止めの内服薬は全然種類がないんです

ほとんどが塗り薬。

 

しかし私は全身に発疹が出ているので、小さいチューブの薬を塗れるような規模ではありません。

 

結局、二種類しかないかゆみ止めの内服薬から、選ぶことになりました。

 

コレと

 

 

コレです。

 

 

最初に見せた方は「原因がアレルギーの場合にしか効果がない」とのこと。

私の食生活も生活環境も、何も変化がないため、どうもアレルギーではなさそう

 

二つ目の薬は「じんましんの治療薬」とありますが、アレルギーじゃない痒みを止めるためなら、こっちの方が可能性が高いとのこと。

 

ちなみに、この時に初めて、私はじんましんの可能性を疑いました。

それまでは、すでに皮膚科で診てもらってる、湿疹の一種だと思ってましたから

 

私が相談する時にそう説明したので、薬剤師さんもおそらく、じんましんだと思っていません。

 

いえ。

もしかしたら、じんましんだと予想しているから、二つ目の薬をお勧めされたのかも知れませんね。

 

結局、二つ目の飲み薬を買うことにして、その薬の効果がない時のために、塗り薬も買うことに

 

前述の通り、小さいチューブの塗り薬は適しません。

そのためお勧めされたのがこちら。

 

 

大容量のポンプタイプで、薄く伸ばして塗れる薬です。

尿素が入ってないので、すでにひっ掻いて傷になっているところでも、しみずに使えるそう。

 

ということで、これらの飲み薬と塗り薬を購入し、試すことにしました。

 

家に帰ってからインターネットで調べれば調べるほど、私の症状はじんましんのようなので、効果が期待できます。

 

薬の効き目とその後

 

さあ、どうなったのか。

 

結論から言うと・・・

 

効果があるような、ないような(笑)

 

このブログを書いているのは年が明けて1月1日~1月2日にかけてですので、すでに何回か飲み薬を飲んで、塗り薬を塗っています

 

それでもあまり効果を実感できないと言うか、プラシーボ効果な気も。

 

しかし、これは薬の効き目がないのではなく、痒みを完全に治めるのは無理だということなのかも知れません。

 

今でもずーっと痒いですし、夜に目が覚めます。

赤い発疹の範囲も、さらに徐々に広がっています。

 

でも、発狂して掻きむしるほどではありません。

むしろ、ブツブツの大きさが小さくなっている気も?

これは、薬のお陰で抑えられているのかも?

 

素人の私には「かも?」ばかり。

 

とりあえず年末年始が終わって、皮膚科が再開するのを待つしかありません。

その間を乗り越えられれば、十分です。

 

f:id:KEISHU:20200101210250j:plain

 

一応、私がやっている薬以外の対処法を。

 

下着のゴムでさえ、肌に当たっているところが炎症を起こしそうなので、家にいる時はたまに全裸になってます

 

でも北海道に住んでいると、そんな格好してると寒いんですよ。

あ、北海道じゃなくても寒いですよね(笑)

 

まぁ道民はストーブをガンガン焚いて半袖でアイスを食べる民族なので、私も何日かくらい、全裸で乗り越えます!

 

でも気恥ずかしいので、今は服を着てブログを書いてますよ!

 

年末年始の病院

 

2020年は1月4日が土曜日、5日が日曜日というのが、私のツイてないところでした。

普通の年末年始なら、1月4日には病院に行けたかも知れません。

 

世の中はまさかの9連休

 

痒みに気付いたのも12月29日の日曜日という、病院が休みに入った直後。

病院に行けない期間で、考え得る最悪のパターンですね。

 

こんなに早く年末年始の連休が終わって欲しいと思ったのは、人生で初めてですよ!

 

ちなみに素人判断でじんましんと言っていますが、もしかしたら別のアレルギーかも知れませんし、内臓の病気かも知れません

 

調べに調べた限りは、じんましんしか、なさそうですが・・・。

水疱瘡にかかった経験があるかどうか定かではありませんが、水疱が出ないので、どう考えても水疱瘡ではありません。

帯状疱疹は体の片側にしか出ないそうなので、私の場合と違いますね。

 

病院に行って、病名が診断されれば、また追記します。

 

f:id:KEISHU:20200101210339j:plain

病気でも感謝

 

ここまで、体全身に赤い発疹が出ていると話しました。

 

しかし唯一。

・・・いえ、唯二?唯三?

 

手足には出ていないんです。

 

手足と言っても、手首までは赤く発疹が出ていますが、その先が赤くなっていないと言うことです。

 

私は元旦から司会をしましたし、2日も朝から長時間人前に出る必要があります。

 

人目につくところに症状が出ないのは有難い。

本当にギリギリのところで、助かってます

 

服で隠した内側が痒いのは、私が我慢すればいいだけのことですから。

 

それでも、徐々に赤い発疹の出現する範囲が広がっていくのは、恐怖でしかありません

私の仕事は舞台に立つことなので、人前に出られなくなったら、おしまいです。

フリーランスでやっているので、生活を保障してくれる会社があるわけでもありませんし。

 

何よりも、すでに予定している先方に迷惑を掛けるので、穴を空けるわけにはいきません。

休みたい時に休める仕事ではありませんから。

 

そうは言っても、顔にまで症状が出れば、見る人が嫌でしょうからね。

仕事を休むことも、考えに入れないといけなくなります。

 

現時点では顔に症状が出ないのは、本当にありがたいことです。

 

f:id:KEISHU:20200101210544j:plain

まとめ

逆境をバネに

 

人生最悪の年越しになりましたが、これを教訓に、より成長していく決意です。

 

人間、いつ何が起こるか分かりません。

日々健康に生活できているだけでも感謝すべきことだと、あらためて考えさせられました。

 

じんましんができてからの、ほんの2,3日で、私の生活する世界がガラリと変わってしまいました。

こんなにも辛いものだとは。

 

そして、いつ自分がどうなっても良いように、後悔しない毎日を生きるのも大事ですね。

 

「たかがじんましんで」と思われるかも知れませんが、こればかりは当事者にならないと、辛さが分かりません。

年末年始は家族とお酒を飲んだり、温泉に入ったりする計画を立てていたのに、断念せざるを得ません。

 

こういう言い方をすると、重い話に感じるかも知れませんが、少しでも考えるきっかけになれば幸いです。

 

f:id:KEISHU:20200101210716j:plain

前向きに

 

と、このブログを書いている1日の夜に、ついに顔にもじんましんの症状が出始めました。

まだほんのポツッとですけど。

 

じんましんを見てストレス。

触ってストレス。

新しいじんましんが出現する。

それもストレス。

 

悪循環です。

 

しかし、気持ちを切り替えます。

「もうじんましんの思い通りにはさせない」と決めて、まずは自分の体を叱咤激励してやります!

 

と、決意してブログの文章を手直ししている、2日の夜。

今朝には顔のじんましんは消え、一日中問題なく外で人前に立つことができました。

体は痒いけど。

 

やっぱり心が大事!

 

以上

「年末年始をじんましんに悩まされ最悪の年越し~でも負けない」でした♪

 


(2020/1/6 病院で診察受けた結果を追記しました)

 

keishu.hatenablog.com