悩まされた赤い発疹は蕁麻疹(じんましん)じゃなかった!?

皆さんお元気でお過ごしですか!?

 

「元気があれば何でもできる!」

 

以前にイベントに参加して、猪木さんご本人の、本物を聞いた時は感動でした。

質問会で手を挙げて当てられた人は、質問の後に闘魂注入してもらってたんですよ。

 

思い切って手を挙げて、闘魂注入してもらえばよかったなぁ。

仕事で舞台に立つくせに、引っ込み思案な私・・・。

 

さて、今回は『肌に赤い発疹ができて、痒くて痒くて仕方ない』と話した、このブログの続きになります。

 

keishu.hatenablog.com

 

まず結果から言うと

 

蕁麻疹(じんましん)ではありませんでした!

 

あれほど「蕁麻疹(じんましん)だと思う」と言っておいて、大変申し訳ありません!

 

やはり素人判断は当てになりませんね。

 

 

皮膚科

診察

 

1月4日の土曜日、普通の病院は年末年始で連休のはずです。

ですが痒くて仕方ない私は、通常なら病院が開く午前9時を待ち、藁にもすがる思いで、かかりつけの皮膚科に電話しました。

 

すると、「今日は通常通りお昼まで診察をしている」と、言うではありませんか!

 

地獄に垂れる蜘蛛の糸

病院に飛んで行きました。

 

いつも10人くらいは待っている待合室もガラガラで、すぐに診てもらうことができました。

みんな年末年始で、病院が休みだと思ったのかな?

 

f:id:KEISHU:20200104222623j:plain

 

そして問診が始まります。

 

「全身に赤い発疹ができまして」

 

先生「脱いでくれますか」

 

以前から通っている、かかりつけの皮膚科なので、今更恥ずかしいも何もありません。

私はあっという間に裸になり、全身の赤い発疹を見てもらいました。

 

先生「これは相当強い反応が出てますね~」

 

パシャパシャと、写真を撮る先生。

写真を撮られるのには慣れているので、自分からお尻も差し出し、赤くなっている写真をしっかり撮ってもらいました。

 

先生「いつ頃から出ましたか?」

 

「えーっと。12月28日の土曜日に痒いなーと思って。29日の日曜日に、発疹に気付きました。30日の月曜日には、全身に広がり出しました」

 

先生「もう一週間くらいだからね~。ピークは過ぎて、もうフレッシュじゃないよ

 

楽しそうに話す先生。

お年を召しても、医学的な求道心が溢れているので、信頼してます

 

最初に赤い発疹が出たところは、すでに周りの発疹と集合して、黒ずみ始めていました。

それで、「フレッシュじゃない」と表現していたそう。

 

どんな表現ですか(笑)

 

この後は治っていくから、安心して良いとのこと。

そして、原因究明に話が変わります。

 

f:id:KEISHU:20200104221952j:plain

原因究明

 

先生「体調悪くなった?」

 

「あ、風邪を引いたので、漢方を飲みました。いつもは飲まない薬なんですが、たまたま飲んだんです。そして28日と29日には、鼻炎の薬を飲みました」

 

先生「鼻炎の薬はどんなのですか?」

 

しまった!

いつも適当に鼻炎の薬を買って飲んでいるので、商品名を全く覚えていません。

 

参考になればと思い、薬局で買った『蕁麻疹(じんましん)の薬』と『かゆみ止めの塗り薬』は持ってきて見せたのですが、鼻炎の薬はすっかり忘れてました。

 

分からないものは仕方ないので、最後の確認に話が移ります。

 

先生「症状が出る前。28日と29日の土日で、漢方と鼻炎薬を飲んだ・・・と」

 

「いえ、鼻炎薬を飲んだのは合ってますが、風邪薬の漢方はもっと前からです。24日の火曜日くらいから飲んで、27日の金曜日には飲むのを止めました」

 

とここまで話した途端、先生の目がキラリと光りました。

誇張表現ではなく、本当に光って見えたんです!

 

メガネが光っただけ?

 

f:id:KEISHU:20200104222130j:plain

 

先生「それだ!」

 

医学の求道心が強い先生なので、もうこの時は子どものように、はしゃいでましたよ。

原因が分かると嬉しいですよね。

 

『私の体に合わない漢方を継続して服用し、それに対する拒否反応が潜伏して、発症したのではないか』ということでした。

 

その漢方が原因だとは、断定できていません。

 

でも、私の食生活や生活環境に変化はなく、鼻炎薬だって以前に飲んで異変は起こったことがありません

 

考えれば考えるほど、初めて服用した漢方薬が原因としか考えられません。

 

先生「飲み薬を出しますけど、成分が鼻炎の薬に使われることあります・・・。う~ん、まぁ鼻炎薬が原因でなさそうですし、大丈夫でしょう」

 

と言うことで、飲み薬と塗り薬を出してもらいました。

3日分です。

 

なのに、塗り薬は、チューブで4本も

全身に塗るから、こんなに多くないと、足りないんですね。

 

f:id:KEISHU:20200104222331j:plain

蕁麻疹ではない?

 

最後に、大事なことを聞きました。

私は、あれだけブログで「蕁麻疹(じんましん)だ!」と言っていたわけですし。

 

「これは、蕁麻疹(じんましん)ではないんですか?」

 

先生「蕁麻疹(じんましん)なら消えるからね。アレルギー反応でしょう」

 

えーっ!

 

蕁麻疹(じんましん)をインターネットで調べたら、『消えた後に同じとこに出ることがあるから、消えてないように見える』って、書いてあるサイトあったのに!

 

まぁ、10個以上調べた蕁麻疹(じんましん)の解説サイトで、そんなことが書いてあるサイトは一つしかなかったけど・・・。

 

いずれにしても、私の赤い発疹の中で最初期のは黒ずみ始めていたので、蕁麻疹(じんましん)ではないですよね。

 

誤情報を垂れ流してしまい、大変に失礼致しました。

 


 

先生「3日様子を見て、次は火曜日に来てください」

 

とのことで、次は7日の火曜日に行くことになりました。

 

そして診察室を出たら、待合室には10人もの患者が。

私が先生と10分くらい話している間に、大勢来たみたい。

 

こうなるといつも一時間は待ちますから、ギリギリ早く病院に着いてて良かったです。

後から来た人には、申し訳ありません。

 

f:id:KEISHU:20200104222511j:plain

まとめ

 

今回のポイント素人判断はNG!

 

忍耐

 

湿疹と診断されまして、ピークは過ぎたとも言われました。

しかし、黒ずんできた発疹部分も含め、いまだに体中が痒いです。

 

飲み薬を飲んで、塗り薬も全身に塗っているんですけどね。

予想はしてたけど、塗るのめっちゃ時間がかかります

 

まぁ、痒みが治まらないのは仕方ない。

すでに一週間くらい痒くて寝れない夜を過ごしているので、もう慣れたもんですよ。

 

自分の意志の力には自信があるので、このまま完治まで耐えてみせます。

 

素人判断はNG

 

と言うかアレルギー反応だったのなら、最初に薬局でアレルギー性の痒みに効く薬を買っていれば良かった・・・。

 

前回のブログを見れば分かりますが、私が勝手に「アレルギーじゃありません」って薬剤師さんに言って、蕁麻疹(じんましん)用の薬をお勧めされたんですよ。

 

『何事も、素人は状況を説明するだけに努めて、勝手な所見は言わない方が良い』

 

ということですね。

 

ブログはありのままを

 

そうそう、蕁麻疹(じんましん)じゃなかった時点で、前回のブログは誤情報になってしまいますね。

 

かと言って消すのは忍びない。

まぁ、デマ情報を流したくて流したわけではありませんし、こうやって訂正もしています。

自分の体のことですしね。

 

ありのままを記載しているので、同じような症状で悩んでいる人の、診断材料になるのではないでしょうか?

蕁麻疹(じんましん)や湿疹で、悩んでいる方に役立てば幸いです。

 

最後に。

全身に薬を塗るの、一人だと普通できませんよ!

肩甲骨まで後ろから自分の手が届くほど、体が柔らかくて良かった!

 

以上

「悩まされた赤い発疹は蕁麻疹(じんましん)じゃなかった!?」でした♪