全身に出た赤い発疹の治療経過~二度目の皮膚科通院~

 

現在の状況と気持ち

 

皆さん、正月休みが終わって、体調を崩しておりませんか?

 

私はこのブログでお伝えしている通り、突如発症した全身の発疹のせいで、苦しい日々を過ごしておりました。

 

『おりました』って過去形なのは、もう発疹が治ったからではありません。

 

日々治っていく様子を、むしろ楽しめるようになっているからです!

 

もちろん大変なことは多々あります。

ざっと箇条書きにしてみましょう。

 

  • うっかり人前で肌を見せられない
  • 朝と晩に、全身に薬を塗るのに30分かかる
  • その後に着る服がべたつく
  • 今でも全身が痒くて、夜中に目が覚めたら寝直すのが難しい
  • つい掻いてしまい、色々な作業が思うように捗らない

 

こう書き出すと大変なことばかりですが、病院で病名(発疹)を診断されただけでも、ずいぶん気持ちが楽になっているんです。

 

さらに、「お酒もOK。運動もOK。お風呂もOK。普段通りの生活を送っても大丈夫」と言われたのも、大きいです。

 

蕁麻疹(じんましん)だと思って過ごした年末年始は、上に挙げた全てがダメなことだと思っていたので、精神的に辛かったです。

 

いやはや。

出だしから前向きな話だったり、大変な話だったりと、あっち行ったりこっち行ったり忙しいですね(笑)。

 

今回は、病院で二度目の診察を受けてきた状況を報告し、今後の予定も書いていきます!

 

f:id:KEISHU:20200108155223j:plain

今までのブログ

 

最初のブログ

keishu.hatenablog.com

 

前回のブログ

keishu.hatenablog.com

 

診察

経過は順調

 

約束した3日間が過ぎ、1月6日の火曜日に、再度病院に行きました。

 

先生「どうですか?服を脱いで見せてください」

 

先生に言われ、いそいそと脱ぐ私。

医者の先生が相手とは言え、人前で脱ぐのも、もう慣れたものですね。

 

先生は肌を見るなり、笑顔で

 

先生「うん、良くなってるね。このまま治療を続けましょう」

 

とのこと。

 

良くなってると言われれば、嬉しいものですね。

 

ですが、そうは言っても、全身に発疹があるので、治り具合にムラがあります

 

最初に症状が激しく出たところは赤みも治まりつつありますが、何日か遅れて発疹が出た部位なんかは、まだ赤く腫れているところもあります。

赤から黒っぽい色に変わり始めるところも。

 

一部だけ診て、見落としがあったら困りますからね。

率直に先生にそのことを聞きました。

 

すると

 

先生「最初に発疹が出たところは、もう皮がむけ始めてますね。このまま、痕もなくなりますよ」

 

なんと!

 

お墨付きを頂きました!

 

痕もなくなるというのは、嬉しいことです。

まだら模様のように痕が残ってしまっては、温泉も行きにくくなってしまいますからね。

 

まぁ正直な話、先生にそう言われても、ある程度は痕が残るのを覚悟してますけど。

 

おそらくですが、このアレルギー性の発疹。

 

  1. 赤い発疹
  2. 腫れが引いて赤黒い色に
  3. 皮が剥ける
  4. 赤みが引いて元に戻る

 

というプロセスを辿り、完治するのではないかと思います。

 

f:id:KEISHU:20200108154459j:plain

塗り薬を止める相談

 

そして、薬を塗るのに時間がかかりすぎるので、先生に率直に聞きました。

 

「止めてもいいですか?」

 

先生「直接皮膚に塗るのが一番効果があるから、時間がある限り塗って欲しいな~」

 

ですよね!

 

楽して治そうだなんて、僕が甘かったです。

 

まぁ、だんだん良くなっているから、薬の量も減って時間がかからなくなるんでしょうけど。

 

そもそもピークを過ぎているなら、何もしないで放っておいても、良くなっていくのでは?

 

まぁそんなことは、先生に聞きませんけどね(笑)。

 

それなら最初から皮膚科に来るなよ、ってことになります。

それに、私は先生を信頼しておりますので、言われたままに治療に専念します!

 

f:id:KEISHU:20200108155016j:plain

薬の説明

 

「次は一週間後に来てください」と言われたので、一週間分のお薬を出してもらいました。

 

飲み薬は、朝晩1錠ずつ。

フェキソフェナジンって書いてますね。

 

コレです。

f:id:KEISHU:20200108144206j:plain

 

そして塗り薬

この3日間でチューブ2本しか使わず、最初にもらった分があと2本残ってます。

追加で3本出してもらい、向こう一週間で合計5本の塗り薬を塗ったくることになりました。

 

サレックスって書いてあります。

その薬がコレ。

 

f:id:KEISHU:20200108144814j:plain

 

薬局の薬剤師さんには、「薄くでいいですよ」って言われましたけど、難しいですね。

 

全身に塗るから、何回も薄く塗るのは面倒すぎます。

なので最初にある程度まとめて指に出して、それを肌に置いてそこを中心に塗っていきます。

 

となると、その中心部分がどうやっても、他の肌より濃く塗られてしまいますよね。

そして薄いと塗れている気がしないので、結局、全身を濃く塗ってしまいます。

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉もありますが、塗らないより塗った方が良いだろうとの考えで、ドンドン塗っていきます!

 

f:id:KEISHU:20200108155517j:plain

まとめ

 

年末に発症しているので、すでに一週間以上経ちました。

良くなっていると書きましたが、全身を見ると、まだ発疹が残っている赤い肌ばかりです。

 

しかし、触っても凹凸を感じなくなってきました

お陰でストレスフリーに触れます。

 

腫れあがっている時は、肌をなでるだけで凸凹を感じて、それも自分の心に負荷をかけてましたから。

 

そして視覚的にも慣れたのか、発疹の肌を見ていても、自分がダメージを負うことはなくなりました

最初の頃は、発疹が出ている自分自身ですら、肌を見て気持ち悪くなっていましたから。

 

まぁこれは、先生に「良くなっている」と言われがのが、自信になっているのかも知れませんね。

 

f:id:KEISHU:20200108154733j:plain

 

あ、ちなみに。

私が赤い発疹と言っているのは、

 

アレルギー反応を起こす、アレルギー性疾患の一つ。
アレルギー性皮膚炎(アレルギー性接触皮膚炎)

 

のことです。

アトピー性皮膚炎ではないです。

 

さらにちなみに。

ブログでは分かりやすく『掻く』と言っていますが、実際には指の腹でなでているだけです。

掻くのは一番肌によくありませんし、傷痕が残っても嫌ですからね。

 

私は以前から湿疹で慣れているので、精神力で掻きたい衝動をグッと抑えます!

 

さぁ、次は一週間後。

完治した報告をできるといいなぁ。

 

以上

「全身に出た赤い発疹の治療経過~二度目の皮膚科通院~」でした♪