大晦日だし徒然に~『師走』はなぜ早い?真逆の側面から思考

今日は大晦日です。

皆様、一年間お疲れさまでした。

 

そしてこの一年、貴重な時間を使ってこのブログを読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

ブログを始めたのは9/8からだけど(´・ω・`)

 

2019年はどんな年でしたか?

2020年はもっと良い年になるといいですね。

いいえ、良い年にしていきましょう!

 

決意が大事(´・ω・`)

 

さて。

昨日のブログで徒然なるままに紹介した、忘年会の話のように。

一年の終わりくらい小難しい話はしないで、雑談でもしてみようかと思います。

 

なるべく短めに、大晦日に思い付いたことを、つらつらと。

 

今回のポイント
  • 師走が早いのはなぜか?
  • 異なる側面から分析しよう

 

f:id:KEISHU:20191229220406j:plain

 

 

師走

なぜ師走は早い?

 

『師走』とはよく言ったもので、あっという間に終わってしまいますね。

ついこの間12月が始まって「あぁ~、もう今年も残り12分の1かぁ~」って言ってたと思ったら、もう終わりですよ。

 

と、考えていたら、ふと疑問が浮かびました。

 

「なぜ師走は早く過ぎるのか?」

 

「師走は早い」って、世間一般でもよく言われていることですよね。

 

例えば・・・

 

「師走」に『「走」る』という字が入っているから、「早い(速い)イメージ」がある。

 

こんな理由付けはどうでしょう。

適当に言ってみましたが、ありそうですね。

 

こんな感じで思考を巡らせていこうと思います。

確証があるわけではない自分の想像なので、話半分で聞いてください。

 

f:id:KEISHU:20191229220911j:plain

理由その1

 

もう少しもっともらしい理由がないかなと、ちょいと考えてみましたら、2つほど理由を思いつきました。

 

まず一つ目です。

 

1月や2月は、一年が始まったばかりで、まだまだ長い気がしますよね。

でも12月だと、もう年の瀬はすぐです。

 

つまり、何を言いたいかと言うと。

 

人がカレンダーを見て年月に思いを馳せる時

 

『一か月単位で見ているようで、実のところ1年単位で、先を見ている』

 

のではないでしょうか?

 

だから師走は先が短いと感じ、早く感じる。

 

ありそうです。

 

名言っぽく言うと、人間は錯覚の生き物ですからね。

 

f:id:KEISHU:20191229220853j:plain

理由その2

 

もう一つ。

 

やはり冬は日が暮れるのが早い。

これも感覚的なものですが、日が暮れると一日が終わる気分になります

 

人間が何万年、何十万年と積み重ねてきた遺伝子レベルの本能で、夜が来ると一日の終わりと認識してしまうんですかね。

 

『一日が終わるのが早いんだから、一ヶ月が終わるのも早い』

 

だから師走は早く感じる。

 

これもありそうです。

 

名言っぽく言うと、人間は闇を恐れる生き物ですからね。

 

むしろ、「日が短い師走は早く終わって欲しい」という、願望もありそうです。

 

f:id:KEISHU:20191229220238j:plain

総括

3つの理由

 

以上、とりとめもなく、書き出してみました。

まとめましょう。

 

3つの理由
  1. 『走』という字の印象
  2. 一年単位で終わりを感じる
  3. 一日単位で終わりを感じる

 

3つの理由がありますが、どれももっともらしいですし、どれもそうでもないかも知れません

 

答えが出ないことを夢想するのも、また楽しいですね!

 

あなたには、どれがピンと来ましたか?

 

f:id:KEISHU:20191229220718j:plain

異なる側面から分析

 

さて、何気なく紹介した今回の話。

実は、おススメしたい分析の仕方が、盛り込まれているんです。

 

どのようなものか、説明します。

 

一つ目の理由は『12月を見ているようで、1年単位で感じている話』です。

二つ目の理由は『12月を見ているようで、1日単位で感じている話』です。

 

私は一つの物事を見る時に、このように二つ以上の面から分析する、クセを付けています。

 

今回のように、できる限り真逆の面から見ると、より物事の本質を見極められると思ってます。

 

誰かに意見を伝える時にも、色んな考えの人に受け入れてもらいやすくなります

真逆なアプローチなので、相手の考えがどちらかに引っかかれば、最終的にうなずいてくれます

 

あまりに真逆な発言をすると、意見に一貫性がないと思われるので、終着点は忘れずにいないと失敗しますけどね。

 

今回のテーマだと、『師走は早い』という終着点ですね。

ここに着地さえすれば、無問題!

 

f:id:KEISHU:20191229221036j:plain

まとめ

 

今回のポイント
  • 師走が早いのはなぜか?
  • 異なる側面から分析しよう

 

晦日だし、堅っ苦しくならないようにと思い書き始めましたが、結局クソ真面目な話になってしまいました(笑)

 

『師走』だけじゃなく、『大晦日』についても話したかったのですが・・・。

まぁ、また機会がありますね。

 

一年後?

 

遠い?

 

あっという間(´・ω・`)

 

それでは皆様、良いお年を!

 

以上

「大晦日だし徒然に~『師走』はなぜ早い?真逆の側面から思考」でした♪