音声ファイルを動画ファイルに簡単に変換する方法 

 

この記事では

  • 音声ファイルを動画ファイルに変換する方法
  • ナレーション収録に使うレコーダー
 
を紹介しています。
 
主に説明するのは
「音声ファイルを動画ファイルに変換する方法」です。
 

先日ボイスサンプルをYou tubeに上げようとした時にかなり苦戦しました。
 
あまりに四苦八苦してアップロードに時間がかかったので、声の方が大事なのにそっちは一発録りで収録を済ませてしまいました(笑)
 

本末転倒じゃん。何で大変だったの?

 
なんで大変だったかと言うと、You tubeは動画を上げるサイトなので
 
音声のみだとアップロードできない
 
からです。
 
 
ネットを検索しても、私の困っている状況を一発で解決してくれるサイトには出会えませんでした。
 
ですので、私と同じく声のみをネットにアップしようという人のために、簡単な方法を書いておきます。
 
ちなみにその大変だった時の記事。

 

 

keishu.hatenablog.com

 

音声は「MP3」で録ろう

 

録音する時に使う機械によっても保存されるファイルの形式が異なります。

録音時に音声ファイルの形式を選べるのであれば「MP3」形式にしましょう。

 

何で「MP3」がいいの?

 

なぜかと言うと、13種類の拡張子に対応しているYou tubeの動画の中で、一番使われている拡張子は「MP4」だからです。

 

「MP3」は、その「MP4」に変換しやすいんです。

 

拡張子?

 

拡張子と聞くと難しく感じるかも知れませんが、

 

「MP3」は音声

「MP4」は動画

 

という程度で認識してもらえれば大丈夫です。

 

ちなみに、最初から「MP4」で音声のみは録れません。

 

「MP4」=動画 なので、映像が入ってしまいます。

 

「MP3」「MP4」は変換しやすいと言いましたが、

変換する方法がインターネット上にたくさんある

ということなんです。

 

「MP3」で音声を録れれば、あとは「MP4」に変換するだけで、You tubeに動画として音声をアップロードできるようになります。

 


 

ファイル形式を選べないよ

 

録音するときにファイル形式を選べない機械であれば、初期設定になっているファイル形式からYou tubeにアップできる13種類の拡張子への変更方法を、まずはインターネットで調べましょう。

 

「拡張子(自分のファイルの) 動画 変換」とかですぐに見つかります。

拡張子によって様々だから、自分で調べた方が早い (´・ω・`)

 

先にも話したとおり動画で一番使われているのが「MP4」なので、PCのソフトやスマホアプリを使って、そのファイル形式を「MP4」に変更することになることでしょう。

 

 

自分の録音したファイルの形式が分からない人は?

 

この確認方法についてはWindows7,8,10それぞれのOSでの表示させる方法がネットを探せばたくさんあるので、私は割愛させていただきます。

スマホだとAndroidiPhoneでも違いがあるので、これも割愛します。

 

録音する機械しだいではありますが、「MP3」で録音されていることが多いので、分からなくても次の手順に進めば大体の人はできます。

 

 ちなみにパソコンの場合。

「ファイル」を右クリックで「プロパティ」表示にしたのがこちら

 

 

f:id:KEISHU:20190921094001p:plain

 

 

ファイルの種類が「MP3」になってますね!

 

「MP4」に変換しよう

 

これはインターネットで方法を調べると

 

・ソフト(有料or無料)を使う方法

・Webサイト上で行う方法

 

の、大きく分けて二つの方法がありました。

 

私は色々試した中で、一番使いやすかったこのサイトを使わせていただきました。

 

音声ファイルを5秒で動画ファイルに変換 | audio2video.me

 

後は変換したファイルをYou tubeにアップするだけです!

 

お疲れ様でした。 

 

なぜ私が苦戦したか

 

簡単じゃん。何で苦戦したの?

 

それは「WAVE」形式で録音してしまったからです。

 

また新しいファイル形式が出てきましたね。

簡単に言うと、データ量が大きい代わりに音質が良い、という形式です。

 

このソニーのホームページでは、「WAVE」も「MP3」CDと同じ音質としか書いてないですが・・・

https://www.sony.jp/support/walkman/dialogue/010/

 

こちらのサイトでは、「WAVE」の方が音質が良いと書かれています。

https://data.wingarc.com/music-file-format-11263

 

 

と言うか、聞き比べると

 

違いに気付かないわけがない!!

 

「MP3」よりも、圧倒的に「WAVE」の方の音質が良いです。

 

せっかくのボイスサンプルですから、この良い「WAVE」音質で録音したものを公開したい、と思い四苦八苦したのです。

 

良い音質にしたいよね

 

「WAVE」形式→「MP4」へのファイル変換をする方法は、いくらネットやソフトを探しても見つかりませんでした。

実は有料ソフトならありましたが、無料では変換できても制限付きで使い物にならない(´・ω・`)

 

なので「WAVE」で収録した音声ファイルを「MP3」にダウングレード変換して、音質は諦めざるを得なくなったのです。

 

残念だったね

 

それもインターネットで検索してちょうど見つけたダウングレード方法だと音質が悪くなりすぎて、とても聞くに堪えないレベル。

 

ただ私が録音に使った機械に、最初からダウングレード機能がついていたので、そんなに音質を悪くせず変換することができました。

 

レコーダー紹介

 
せっかくですので、ボイスサンプル収録で使っている機械を紹介します。
 
 
このZOOM H6。
ナレーション収録用にハンディレコーダーを探している時に、音楽業界の人にお勧めされて買いました。
 

た、高くない?

 
最安値でも4万円しますね。
お高い値段に感じますが、それに見合った性能を持っています。 
 

見合った性能?

 
広範囲に渡ってクリアな音質で音を拾えるので、ライブハウスなどの室内のみならず屋外のイベントでも、漏らすことなく録音できます。 
 
私もナレーションだけでなく、自分の司会するイベントにこのレコーダーを持っていって録音して、後で聞き返して勉強することもあります。
 

常に勉強は大事だね

 
私の仕事では必要ないので使ってませんが、ショットガンマイクを付ければ外でのロケにも使えるし、カメラを付ければ撮影もできるようになっています。
メインのマイク以外にも別に挿せる場所が4箇所もあるから、このハンディレコーダー1台で何役もこなせますしね。 
 

へー!本格的

 
そう、プロ御用達ですね。
ちなみに私が先日インタビューを受けた札幌北高校の放送局の生徒さん達もこのレコーダーを使ってました。
部費で買ったそうですよ!
 
説明しきれないくらい多機能(上で書いた音質のダウングレード機能もその一つ)ですので、いじっているだけで楽しいです(笑)
 

まとめ

 
動画をアップロードするのは簡単なのに、音声だけアップロードするのが、これほど大変だったとは思いもしませんでした。
 
でも一度やり方を覚えれば、何も困ることはありませんね!
 
楽しいナレーションライフを送りましょう!
 
以上
「音声ファイルを動画ファイルに変換する方法」でした♪