GRANRODEO LIVE 2019 "FAB LOVE" 札幌

2019年9月14日に開催されたGRANRODEOのLIVEに行ってきました♪

 

ツアータイトルは

 

『GRANRODEO LIVE TOUR 2019 "FAB LOVE" 』

 

Zepp Sapporoはツアーファイナルだよ!!

 

個人的にはLiSA、藍井エイル、FLOW、May'nとLIVEに参戦してきたので、GRANRODEOで今年5本目のLIVEになります!

 

たくさんLIVEあると楽しいなぁ。

 

ちなみに全部家族と行ってます。

今回のGRANRODEOも姉二人と参戦。

 

 

GRANRODEOについて

 

さてGRANRODEO(グランロデオ)ですが

ボーカルとギターの二人組のユニットです。

 

音楽のジャンルで言うとロックな曲がほとんど。

主にアニメソングのタイアップが多いです。

アニソン界のロックスターですね。

 

「中年の星」

 

 って自分たちで言ってました(笑)

 

KISHOW(谷山紀章)

  • 1975年8月11日生まれ(44歳)
  • 山口県出身
  • 声優としても人気
  • GRANRODEOのほぼ全ての楽曲の作詞を担当
  • ハイトーンボイスとシャウトが気持ちよい(「ボイトレやったことない」けど歌はめちゃくちゃ上手い)
  • 愛称は「きーやん」
  • 服にめっちゃお金使う
  • 髪で隠して額はなかなか見せない

 

e-ZUKA(飯塚昌明)

  • 1967年2月22日生まれ(52歳)
  • 新潟県出身
  • 作曲家としても活動
  • ギタリスト。中学生の頃からギターマガジンをずっと読んでる。
  • GRANRODEOの全曲の作曲を担当
  • 超一流のギターテクは圧巻
  • 背が高くて足が長い
  • ボケ担当

 

 

それぞれの紹介の後半は、二人を好きな人しか知らないことですね。

まだまだたくさん紹介したいことはあるけど、またの機会にします。

 

ライブではサポートメンバーとしてベースの瀧田イサムさんとドラムのSHiN君がいます。

 

今回のライブについて

 

今年(2019年)の5月15日に発売された8枚目のオリジナルアルバム『FAB LOVE』を引っさげてのツアーになります。

 

 

f:id:KEISHU:20190914150615j:image

『Amazon 商品ページ』より引用

 

 

このアルバムも、これまたいいアルバムなんです!

(アルバムの感想もそのうち別記事でしたい)

 

さてツアーですが。

7月20日の愛知に始まり11都道府県を回り全18公演のツアーで、私が参戦した札幌はそのツアーのファイナルです。

(追加公演で東京が2本公演予定)

 

 

 

f:id:KEISHU:20190914150619j:image

『GRANRODEO net より引用』

 

北海道に住んでると遠征も大変だし、向こうがこっちに来てくれた時しかライブに行けないのが悲しい(´・ω・`)

GRANRODEOは去年(2018年)北海道にワンマンライブで来てないから、二年ぶりのライブだ!

 

セットリストを思い出しながら感想を書き綴っていこう。

激しいセトリだったなぁ。

 

※個人的なライブの感想なのでフランクな口調になってるよ!

 ※MC中に話した内容の順番が違ってても大目に見てね!

ライブ前

 物販コーナーは売り切れ続出。

どんなライブでもマフラータオル買ってコレクションしてるのに、スポーツタオルは売り切れで買えなかった(泣)

 

マフラータオル売り切れってなかなかないよ!?

 

結局リストバンドとサイリウムブレスレットを購入。

満足してる(笑)

 

 

あ、コインロッカーに荷物をしまうの、間に合わなかった!

Zepp SAPPOROは整列始まる20分くらい前になると、コインロッカー出入り口のシャッターが閉められちゃうんだよなぁ。

会場内に入ったら、中からコインロッカーの部屋に行けるんだけどね。

一人だと場所取りの必要あるから先に荷物をしまっておかないといけないけど、私はいつも家族で参戦だから問題なし。

 

 

1000人まではZepp SAPPOROの駐車場に並ぶよ。

前までは駐車場に並ばされないで道にズラーっと並んでたけど、いつの間にか並ぶ場所を変えたのね。

 

ファンクラブだけで1000人以上いるなぁ。

 

そして90%くらい女子(ロデオガール)

 

さすがGRANRODEO!

 

いつもはもっと男子多いんだけど・・・(1000番より後ろの人は並んでる場所が違うので確認できず)

ファンクラブに入るのは女子が多いのかな?

 

17時に開場してライブハウスの中に入る。

ドリンク代500円を払って飲み物交換用のコインをもらう。

 

そう言えばこのドリンク代500円だけど、10月の増税以降は600円になるってさ!

主催するアーティスト側が500円って言ったらそれでOKらしいけど。

ワンコインだから良かったんだけどなぁ。

600円は払いにくい。

 

と言うか増税は2%なのに

なんで500円から600円へ

 

20%増しになってるの

よくある(´・ω・`)

 

 

話がそれちゃうから戻します(笑)

 

私はライブ後に美味しくビールを飲みたいので、このコインは先に使わずに取っておくタイプです。

ビール飲んでライブ中にトイレ行きたくなっても困るしね。

 

飯塚さんを見るためにいつもどおり上手(右)に場所取り、準備オッケー!

 

前が女の子ばかりで、ステージが丸見えだ!

観客の女子率が高いと見やすくて嬉しいけど、逆に自分が後ろの人の邪魔にならないかいつも気にしてます。。。

 

今回は2,3人後ろに柵があるからそんなに人がいないし、ちょうど後ろの二人が男の人だから気にしなくていい!助かる!

 

スタートが18時だからあと45分くらいかな?

荷物をコインロッカーに預けてトイレも行って準備万端!

待ってる間もワクワクで楽しい(笑)

 

オープニング

18時ちょうどに会場が暗くなり音が大きくなったぞ!

ステージの背景にセットされた照明が光りだした。

流暢な英語で歓迎されつつ、ガイダンスに合わせて観客の声出しだ。

 

まずは上手(右)から。

続いて下手(左)。

 

右、左。

 

右、左。

 

リズムが速くなって

 

ボルテージが上がって

 

GRANRODEOの登場だ!

 

叫べ!!

 

1.FAB LOVE

アルバムのリード曲から始まった。

 

いやはや、予想通り!

いつも一曲目の予想をしてライブに行くんだけど、今回は予想しやすかった(笑)

 

歌詞を少しアレンジしてたのも、ちゃんと気付いたよ。

 

「フッフー♪」

「fabulous!」

 

たくさん声を出して楽しいぞ♪

 

2.愛のWarrior

ギターのメロディから始まり、聞こえた瞬間にテンション爆上げ!!

ずっと北海道で行われるライブに参戦してるけど、この曲をライブで聴けたの初めてで嬉しい!

 

今のきーやんは「愛のWarrior」のシングル収録時より歌声が高いから格好良さも増してる!

 

3.Can Do

ギターのイントロが聞こえて驚き!

3曲目に百均(「Can Do」のこと)が来るなんて、相当攻めたセトリだ!!

 

何回、聴いてもいいなぁ。

 いきなり汗かきまくりで気持ちいい♪

 

ーMC-

 ボーカルのきーやんとギターの飯塚さんの紹介。

飯塚さんが北海道寒いって言ってたけど、道民にはこの程度なんてことないよ!

 

4.カナリヤ

 イントロでドラムが叩かれた瞬間に歓声が上がる!

いやー、ホントに攻めたセトリ!

 

カナリヤは初期の頃の歌だから生で聴けたの初めてですごい嬉しい。

ヘドバン(ヘッドバンキング)もガンガンやってノリノリだぞ!

 

5.move on!イバラミチ

この曲が始まった瞬間、きーやんに異変が・・・

左足だけでジャンプしてる。

あれ?盛り上げるパフォーマンスにしては、ずっとケンケンなんてある?

なんかおかしいぞ!?

(この時、私はきーやんの持病の通風かな?って思いました。)

 

楽器を演奏してる他の三人は誰もきーやんのことを見てないから気付いてない。

きーやんが座り込んじゃった!

ここでみんな(会場のお客さんも)異常事態に気付く。

歌が始まって、きーやんが頑張って歌ってる。

ほとんど声にブレはないけど、たまに辛そうになってるよ!

 

この歌では観客が「ハイ!」って声を出す場面があるけど、みんな心配すぎてそれどころじゃない。

でもきーやんが一生懸命歌ってるから、うちらも「ハイ!」って声を出して応援するぞ!

 

みんなが心配そうにしてるから飯塚さんが「大丈夫」って言ってた(マイク通してじゃなかったけど口の形で分かった)

 

結局その状態で最後まで歌ったきーやん。

スタッフが出てきてきーやんを支えて立たせる。

何を話してるかスタッフの声は聞こえないけど、きーやんの声はマイクを通して「やる、やる」と力強くハッキリと聞こえてくる。

 

痛そう。

 

6.Passion

スタッフがハケて次の曲に行ったけど、正直、歌を聴く心の余裕がなくてあんまり覚えてない。

きーやんの歌声だけ聴くと微塵も痛さを感じさせないんだけど。

心配すぎて。

 

ーMC-

きーやんだけスタッフに連れられてハケて、飯塚さんと瀧田さんの二人でつなぐことに。

飯塚さんは「ライブやめてこの後みんなで打ち上げ行く?」って言って場を盛り上げ。

最前列で見てたファンからの情報で、きーやんは足を滑らせたと判明。

瀧田さんが「飯塚さんの十八番」って話して笑いを取る。

 

ここで観客も一人倒れる事態が発生。スタッフに助け出されてたけど、大丈夫だったかな。なんで倒れたのかも、どうなったのかも不明です。飯塚さんも心配してた。

 

この時間を活かしてメンバー紹介。

ベースの瀧田さん。

ドラムのSHiNくん。

の途中できーやんがステージに戻ってきた。

 

「アキレス腱を切ったかも知れない」

 

って!!

 

めっちゃ痛そう。

スタッフが用意した椅子に座って、「今日は椅子に座りながら歌わせてもらう」って言うけど、それでもめちゃくちゃ痛そうだよ!?

 

ファンは「無理しないで!」「病院に行って!」って叫んでるけど、きーやんは「声はいいからやる」って強い決意。

 

メンバー紹介の途中だったから、きーやんに促されてSHiNくんが話の続きをしたんだけど、SHiNくんの話の間もずっときーやんは痛そうで。

苦悶の表情ってあーいうのを言うんだろうね。

見てるこっちも痛い。

 

だもんだから、話の途中でスタッフから巻きの指示が入ってSHiNくんのトークは終了。

きーやんが「Passionの次だよね?」って確認してライブ再開。

 

7.フォルテ

イントロでSHiNくんが立ち上がって両手を頭の上で叩き出した。

それにならって私たちも一緒にクラップ。

 

フォルテを聴きたくて楽しみにしてたけど、やっぱり歌には集中できない。

きーやんが痛そうで。

歌声は最高だったけど。

 

カップリングの曲だし、もう聴くチャンスはないかな・・・。

 

歌が終わった後も、きーやんは痛そうで。

「声はいいから、やめたくないんだけどな」と少し弱気に。

さっきまでは「やる!」って言ってたから。

迷いが出るほど痛いんだね。

 

8.ラクガキMOON

きーやん、めっちゃ声出てた。

動いてパフォーマンスできない分、気合入れて歌ってるのが伝わってくる。

アルバムで聴く何倍も良かった。

 

うちの姉なんて、この曲で「よだれ出た」って言ってた(笑)

 

9.JUNK-YARD DOG

聴き惚れる。

きーやんは氷袋を右足に押さえつけながら、よくこれだけ声出るなぁ。

 

10.BEASTFUL

迫力あるシャウトが めちゃくちゃ格好良い!

座りながらこれだけ声が伸びて力強く歌えるって、実は相当すごいことだよね!

さすがきーやん。

 

ーMC-

アコースティックの準備をしながら。

 

飯塚さんは 「きーやんは大人だから。本人が決めたことだから、やる」ってきーやんを応援。

「人生には上り坂、下り坂、まさか、がある」って有名なオヤジギャグ?を披露。

 

きーやんはファンからの格好良いって声に「格好良くなんてない。全然。ファイナルなのに」と、アクシデントを非常に申し訳なさそうに謝ってた。

でも途中で振り切って「そうだ、格好良いぞ、俺!アキレス腱が切れたって、そんなもんに負けるかこのやろう!(ゴニョゴニョ言ってたから意訳)」と元気良く。

 

「でも次の歌はそういう歌じゃないから」

ってことでアコースティックにアレンジされた次の曲へ。

 

11.恋音(アコースティック)

恋音をアコースティックで聴くのは初めて!

 しっとりと聴かせてもらえたから、耳が贅沢になっちゃうよ。

 

ギター1本と歌声1つでこれだけのことができるんだもんなぁ。

これだけ上手にこの歌を歌えたら、見える世界が変わりそう。

 

ーバンド演奏-

 アコースティックが終わって二人がハケて、サポートメンバーのソロタイム。

 

まずはSHiNくん。

 

続いて瀧田さん。

「いつもどおりにライブを盛り上げることがきーやんのためにできることだと思うから、一緒に楽しもう」って。

その通りだね。ガンガン声出すぞ!

 

ーMCー

衣装替えしてきーやんと飯塚さんが登場。

きーやんはテーピングをしてたけど「中二病がうずく」と大爆笑を取ってた(笑)

 

12. Jump And Pump

タイトルにもある通り、曲中に「ジャンプ」って言って飛ぶ場面が何度もあるんだけど、ライブでやるとサビの間はほぼずっと飛びっぱなし!

めちゃくちゃ汗かいて疲れたけど、きもちいい!

 

13.エンドレスサマー

イントロで飯塚さんが変なおじさんの踊りを始めて爆笑w

後で「エンドレスサマーは久しぶりだったから、踊るの忘れてて。あ、踊ろう、と思って」って話してたけど、なんで変なおじさん

 

「オーリオーリオー」ってきーやんと一緒に手を振りながらの楽しい時間。

 

14.セツナの愛

イントロに乗ってる最初の「ウォッオオッ、オッオッ」の部分をきーやんが歌ってて少し驚いた。

テレビでは見てたけど生で聴くのは初めて♪

 

15.Deadly Drive 

これも生で聴くのは初めて!

きーやんの座りながらのパフォーマンスも堂に入ってきて(笑)

 、ノリノリで楽しめた♪

 

「宇宙の~♪」の時は人差し指で天を指そう!

 

16.modern strange cowboy

 「動けない俺の分も騒いでくれよ~」ってことで始まったこの曲。

ライブの定番曲で、10年以上経っても色あせることなく、何度聴いてもとっても楽しい!!

 

ーMC-

途中で痛み止めを飲んでたから、薬が効いてきたんだろうね。

きーやんは結構元気になってて。

 

「もしかしたら肉離れかも!

 

でもここまできたら

 

アキレス腱切れてて欲しい

 

って話して大爆笑!!

気持ち分かるわ~

 

「後で病院の先生に怒られたい」とも言ってたね。

「アキレス腱切れててライブやったの!?」って言われたいんだって。

驚かれたい気持ちも分かる~

 

 

「 今日ほど会場が1つになった日はない(笑)」

みたいなことを言って、もっと1つになろう、と最後の曲に行きました。

17.the one 

 今回のアルバムで個人的に一番大好きな曲。

1番は全身で受け止めようと思って、手は上げないで聴いた。

2番は手を上げながらも聴いて。

 

間奏では人差し指を一本立てて

「We are the one」「You are only one」

 と繰り返し。

きーやんもマイクスタンドにマイクを置いて、こっちに向けてくれたから、全員で大合唱。

感動でした。

 

間奏後のサビに入った時に上から色とりどりの紙吹雪が舞ってきて。

パッと一枚取ったら無地の紙で何も書いてなかったから、後はまた指で1を作って歌に集中。

 

・・・したかったんだけど、前にいた二人の姉がずっと紙吹雪を取ろうとジャンプを繰り返していて(笑)

他の人も紙吹雪取ろうとしていたのは最初だけで、その後は歌に集中していたのに、姉二人は紙吹雪を何枚か取った後もずっとぴょんぴょん飛び跳ねて。

 

紙にじゃれる猫か!

 

メッセージが書いてあるかも知れないから、最初は誰でも取ろうとするんだけどね。

結局この紙吹雪は出続けて大量に散らばったけど、無地だしみんな拾っていなかったなぁ。

 

アンコール

 きーやんから「状況が状況なので、アンコールは1曲にさせてください」

ってことでラスト1曲になった。

 

GRANRODEOはいつもダブルアンコールなんだけどね。

でも今回は誰も文句なんて言うわけない。

 

 

歌の前に、飯塚さんがきーやんを褒めてた。

「乗り越えられる人にしか試練は来ない」

 

「俺なら帰っちゃうよ」

 

って笑いを取るあたりさすが飯塚さん!

 

きーやんの「肩の力を抜いて気楽に生きよう」って紹介で最後の曲へ

 

18.Take it easy

 ライブの最後にふさわしい曲だった。

これからの大きいライブ(「G14」とか)のラスト定番曲になりそう。

 

感無量。

 

エンディング

 水やタオルなどなどステージから投げて、ファンへのプレゼントの時間。

最後にきーやんがタオルを頑張って投げたけど、椅子に座ったままの体勢だから、真上に高く上がっただけで結構前の方に落ちた。

無理してまで。ありがとう。

 

そして飯塚さんが最後に一言。

 

「痛みに耐えてよく頑張った。感動した」

 

ってネタだと完全に分かる感じで(笑)

その後

 

「進次郎おめでとう」

 

って言ってたよw

個人的に大爆笑だったんだけど、GRANRODEOのファンの若い子達に伝わるネタなのかな?

 

そして二人が抱き合って、全員が大拍手!!

きーやんは飯塚さんに肩を借りて退場。

 

舞台袖から瀧田さんが出てきて反対側に肩を貸す。

袖ではSHiNくんが出迎え。

 

感動的なフィナーレでした。

 

まとめ

 

色々あったけど、最終的にはすごく楽しいライブだった。

 

 

あの状況でも「頑張れ」って言わないファンは、きーやんのことよく分かってるなぁ、と感心w

結構元気になった後は頑張れって声に、きーやんが反応して「頑張るよ」って応えてたけど。

 

 

途中で飯塚さんが「通風とどっちが痛い?」ってきーやんに聞いた時に即答で

 

「通風」

(かぶせ気味の速さ)

 

って答えてたのも大爆笑だったなぁ。

 

アキレス腱切れるよりも通風のほうが痛い

(豆知識だ!)

 

 

あと、さんまだったか、かつおだったか、いわしだったか。

食べる予定があったみたいで。

 

「食べたらアキレス腱くっつくんでしょ?」ってきーやん言ってたけれど、食べられたのかな?

 

そう、大事なことですが。

ライブ終了後、きーやんはすぐに病院に行って、アキレス腱は切れてることが判明したそうです。

東京に戻ったら手術するって。

早く良くなりますように。。。

 

 

今日のライブはもうずっときーやん見てたわ。

飯塚さんが好きだからいつも上手に陣取るのに。

 

やっぱり苦難困難に挑戦している姿は美しくて輝いているわ。

誰でもそうなんだけどね。

でも誰でも挑戦できるとは限らないから。

きーやんはやっぱり格好良い!!

 

 

今日というライブに立ち会えたことに感謝しつつ。

 

以上

『GRANRODEO LIVE TOUR 2019 "FAB LOVE" 』

ツアーファイナル Zepp Sapporo

 

でした~♪