プロフィールその1 自己紹介と今後書きたいマンガ記事

 

司会者・ナレーター・教育アドバイザーとして活動中の

高橋 慶舟(たかはし けいしゅう)です!

 

自身が培ってきた経験を活かして、人の役に立つことが何かできないかと考え、このブログを始めることにしました。

 

ここでは自己紹介をさせて頂きます。

好きなジャンルの紹介以降は完全に個人的趣味な上に長くなるので、興味がある項目だけお読みください。

 

 

 

どんな人?

 

1985年8月2日生まれで、道産子で猫好きです!

 

高校から東京に行き、大学、社会人とそのまま東京で生活しました。

現在は生まれ故郷の札幌に住んでおります。

 

趣味は

 

マンガ、アニメ、ゲーム、音楽、お笑い、スポーツ観戦、筋トレ、囲碁、麻雀、登山、歴史

 

 などなど、多岐に渡ります。

 

資格は

  • 普通運転免許(ゴールド
  • 英語検定2級(高校一年生の時)
  • 管工事施工管理2級(父の仕事の関係で)

を持っています。

 

司会者・ナレーターとして

 

司会者

 

2014年から、ありがたくもマイクを持たせ続けて頂いております。

 

この業界に入ってすぐの時に美川憲一さんのディナーショーがあり、握手して「頑張るのよ」と言われた時は「すごい世界に入ったなぁ!」と感動しました。

f:id:KEISHU:20190923204827j:image

↑その時、司会席から撮った美川憲一さん

 

お祭りディナーショーから政党のパーティー法要まで、どんなものでも承ります。

 

道北は旭川以北、オホーツクの北見、道東は釧路、道南は函館、苫小牧や千歳や岩見沢など、札幌以外も北海道内どこにでも行きます。

 

常に真心を込めて司会をさせて頂いております。

 

ナレーター

 

イベントの企画物結婚式の余興映像から市町村の企画政党のPR映像まで、ジャンル問わず幅広く承っております。

 

基本的に先方のスタジオに出向いて収録をさせて頂いておりますが、遠隔地の場合は私個人所有のレコーダーにて収録した音声を、インターネットを介して送ることもしています。

 


 

芸能関係の仕事をしていないと知らないことや、気付かないことを発信していきます!

 

教育アドバイザーとして

 

私は常に受験して進学してきました。

 

幼稚園は私立の幼稚園。

小学校は北海道で一番の国立小学校。

中学校も北海道で一番の国立中学校。

高校は東京の私立高校。

大学は日本で一番の私立大学。

 

今になって自分でも驚くのが、これら全て親に言われたわけではなく、自分で行きたいと志願して受験してるんです。

 

高校生の時には模試で全国30位も取り、早稲田大学法学部に現役合格。

塾講師や家庭教師としても働かせて頂きました。

 

ただ私はそんなに勉強をしておらず、マンガ読んでゲームばかりしていました。

高校受験を決意するまで勉強したことなかったので、学校ではいわゆる落ちこぼれでした。

 

その経験から、「正しい勉強方法」を実践すれば、誰でも勉強できるようになる!と確信しております。

 


 

受験生や、学生の子を持つ親に、役立つ情報をお伝えしていきます!

 

好きなジャンル(マンガ)

 

私はゲームとマンガと音楽にどっぷり染まって生きてきました。

幼稚園の頃からジャンプを毎週読んでます。

何千冊あるか分からないくらいコミックスを所持しています。

 

自分の好きなことほどよく知ってますし、知らない人からしたらためになるかも、と思い立ちました。

時間はかかるでしょうが、焦らず少しずつでも、詳しく紹介していきます!

コミックス1冊で一日分の記事にしたら、何年続ければ紹介し終えるのだろうか(´・ω・`)

 

ジョジョの奇妙な冒険

 

f:id:KEISHU:20190923205331j:image

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/8646306/より引用

 

初めて意識したのは5歳の時です。

それからはセリフを諳んじられるくらい何度も読み、今ここで簡単には語れないほど、傾倒してしまいました。

自身の人生に影響をもっとも与えた本でしょう。

 

コミックス、小説、ゲーム、画集、ジョジョ以外の荒木先生のマンガ、etc...一通り持っています。

 

遊☆戯☆王

f:id:KEISHU:20190923205657j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

好きになったのは成人してからです。

ちょうどテレビで遊戯王のアニメの最終回がやっていたのですが、原作と違う展開で引き込まれました。

それから好きになり、カードゲームもやるようになりました。

リアルのカードは引退しましたが、まだ何千枚か、カードケースの中で目覚めの時を待ってます。

アニメも毎週見ています。

 

(シリーズ関連含む)コミックス、ゲーム、画集、DVD、関連書籍、etc...一通り持ってます。

 

BLEACH

 

f:id:KEISHU:20190923205837j:image

www.amazon.co.jpより引用

 

意識したのは、劇場版の一作目をテレビで見た時です。

感動して泣いてしまい、原作も一気に好きになりました。

 

コミックス、ゲーム、小説、劇場版DVD、etc...一通り持ってます。

 

ドラゴンボール

 

f:id:KEISHU:20190923211732j:image

バンダイ公式サイトより引用

 

幼稚園のスクールバスの中で、当時最新刊であった29巻のタイトル「悟空、敗れる!」を大声で読んだ記憶があります。

6歳にして古本屋巡りをし、既刊を揃えるのに必死でした。

大学生の時にはDVD-BOXが次々と出て、合計40万円。

お金がない大学生の私には嬉しい悲鳴をあげざるを得ませんでしたね。

 

コミックス、大全集、DVD-BOX、カードダス、2010年までのゲーム、etc...一通り持ってます。

 

手塚治虫

 

f:id:KEISHU:20190923210221j:image

http://www.tokyoartbeat.com/event/2016/1EFDより引用

 

小学校高学年の時に図書館で借りて読んだのがきっかけです。

火の鳥」と「ブッダ」は私の人生に非常に大きな影響を与えました。

出版物があまりに多すぎるので、全部持ってると言えないのが悔しいですが、読んでない作品の方が少ないのは間違いないです。

 

コミックスのメジャーどころは一通り持ってます。

 

車田正美

 

f:id:KEISHU:20190923211725p:image

http://saintseiya-gold.com/news_vol52.htmlより引用

 

大学生の時に「リングにかけろ」を読んで好きになり、車田先生が描いているマンガを買い漁りました。

男とはいかなる生き物か。

格好良い生き方を教わりました。

 

車田正美と名のつくコミックスは90%持っています。

 

福本伸行

 

f:id:KEISHU:20190923211743j:image

https://thetv.jp/news/detail/124529/より引用

 

高校生の時に「アカギ」「カイジ」を読んだのがきっかけで、福本先生のマンガにハマりました。

受験生なのに麻雀のプロ目指して勉強したり、パチンコやりたくてゲームセンターに通ったりしてました。

 

福本伸行と名のつくコミックスは一通り持っています。

 

川原正敏

 

f:id:KEISHU:20190923210822j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

大学生の時に友達に勧められて「修羅の刻」を読んだのがきっかけです。

歴史が好きだったのもあり、一気に夢中になりました。

 

川原正敏と名のつくコミックスは90%持ってます。

 

土塚理弘

 

f:id:KEISHU:20190923210935j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

中学生の時に買ってたガンガンで読んだのがきっかけで好きになりました。

あまり世に知られる前に、友達に一生懸命紹介してた思い出があります。

 

土塚理弘と名のつくコミックスは95%持ってます。

 

ひぐうみ

 

f:id:KEISHU:20190923211735j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

ひぐらしのなく頃に」「うみねこのなく頃に」です。

社会人になってからマンガを読んだのがきっかけでハマりました。

(本当はマンガのジャンルではないかも知れませんが、こういった理由でここに入れてます)

 

ゲーム、マンガ、小説、一通り持ってます。

 

その他

 

ここでは現時点で記事にする予定はないけれども、今もコミックスを買い続けているマンガや、常に読んでいるマンガを紹介しています。

 

三浦健太郎

 

f:id:KEISHU:20190923211115j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

ベルセルクを高校生の時に読んで衝撃を受けました。

多感な青少年には刺激が強すぎますね。

アニメも映画もゲームもガッツリとハマり、コミックスは現在も買い続けています。

 

岩明均

 

f:id:KEISHU:20190923211144j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

高校生の時に寄生獣を読んで好きになりました。

現在も二年に一度発売されるヒストリエを待ち続けています。

 

田村由美

 

f:id:KEISHU:20190923211224j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

コミックスは姉が集めているので私が所持しているわけではありませんが、田村先生の作品は全て読んでいます。

7SEEDSは本当に泣けるので、これだけは記事にしたいかも。

 

週間少年ジャンプ

 

f:id:KEISHU:20190923211739j:image

ジャンプBOOKストアより引用

 

毎週買ってます。

自分が生まれる前の作品もコミックスを買い集めたので、50年の歴史のほとんどのマンガの話ができます。

 

ジャンプ+

f:id:KEISHU:20190923211449j:image

公式Twitterより引用

 

アプリで最初期から毎日読んでいるので、掲載全作品の話ができます。

 

マンガワン

f:id:KEISHU:20190923211708j:image

公式Twitterより引用

 

ジャンプ+と同じく最初期からアプリで読んでいるので、掲載全作品の話ができます。

 

ライトノベル

 

フォーチュン・クススト

 
f:id:KEISHU:20190924152800j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

小学生の時に友達から借りて読んだのがきっかけで好きになりました。

ライトノベルという言葉が流行する前から大好きな作品です。

 

小説、マンガ、一通り持っています。

ブギーポップは笑わない

 


f:id:KEISHU:20190924152853j:image

Amazon商品紹介ページより引用

 

中学生の時に友達に勧められて読んだのがきっかけで、従来のライトノベルにない重厚な文章と世界観の虜になりました。 

 

派生作品も含めて小説、マンガ、一通り持っています。

 

まとめ

 

他にもたくさん好きなマンガがあります。

ですが紹介するタイトルをあまりに多くすると、

まとまりのないブログになってしまうので、

ひとまずは上にリストアップしたマンガの紹介だけにしたいと考えています。

 

すでにまとまりがなくなりそう(´・ω・`)

 

では次回のプロフィールはゲーム、テレビ、音楽に絞って紹介していきます!

 

以上

「プロフィールその1 自己紹介と今後書きたいマンガ記事」でした♪