文章の句読点を意識~短めの文章で話して相手を惹きつけよう

連載ブログ「司会者のこだわり」第11弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は話す文章の長さについてお話しします。

 

意識してできるようになれば、司会だけでなく、日常生活や仕事でも役立ちます!

 

今回のPOINT

文章の句読点を意識して話そう!

 


 前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

 

文章の長さに気を付ける

 

句読点を上手に使おう

 

文章の長さってどういうこと?

 

読点を多く使わず、句点で文章の区切りを意識するということです。

 

読点?句点?

 

読点とは「、」

句点とは「。」

 

のことです。

 

あ、句読点って学校の授業で聞いたことあるわ

 

この句読点を意識して喋ることが、司会者には大事なことなんです。

 

喋る時に「、」や「。」を意識して喋るの?

 

文字で書く時に意識する人は多いですよね。

 

え!文字で書く時にも意識するの?

 

しますよ。

と言いますか、話す時に意識する人よりも、文字で書く時に意識する人は多いですよ。

 

たとえば

 

「司会者とは会を司る者と書くが、これを額面通り受け取って司会者が偉い、などと考えてしまうようでは司会者として失格である」

 

 

「司会者とは会を司る者と書くがこれを額面通り受け取って司会者が偉いなどと考えてしまうようでは司会者として失格である」

 

のように「、」をなくすと読みにくくなりませんか?

 

目が滑るわ

 

他にも言葉を強調したい時にも使います。

 

「司会者とは会を司る者と書く」

 

より

 

「司会者とは、会を司る者、と書く」

 

 

の方が、会を司る者、の部分を強調できますね。

 

ホントだ

 

これは文章を書く上での技術的なものです。

 

他にも

 

  • 一つの文章で読点(「、」)は2回までが読みやすい

 

 

といったコツもあります。

 

細かいことに気を付けて文章書いているのね

 

これらは、仕事で文章を書く機会があるなら、気を付けている人が多いと思います。

 

事務や経理だとしても、会社で文書を作ることはありますからね。

読みやすい文章を意識すると、自然とそうなっていきます。

 

話す時にも句読点を意識しよう

 

ですが、それを喋る時にも気を付けている人はほとんどいません。

 

言われてみれば・・・

 

自分では気にしてないわ

 

なぜなら普段話す時は、相手との言葉のやり取り、つまり会話がメインですからね。

文章を書く時のように、頭の中の言葉を整理して書き出す、といった時間はありません。

 

自分の頭の中に浮かんだ言葉を、そのまま話してるってことね

 

そうして意識しないで喋っていると、一つの文が自然と長くなるんです。

 

たとえば

 

「イベントの司会をしてみたいけど、人前に出るのが苦手だからできるかどうか不安なんだけど、でも挑戦してみようかなと思って、思い切って司会を一度体験してみることにしたら、苦手だと思ってたことが意外にそうでもなくて、楽しく話すことができたから、これからも司会に挑戦してみようかな、って思ったの」

 

 

という文章があるとします。

 

「、」がいっぱいあるけど読みにくいぞ

 

それは「。」がないからです。

 

「。」がないと文章が切れることがないので、聞いている方が疲れてしまいます。

 

「。」はないから読みにくいけど、理解はできるわ

 

それはこうして文字で見ているからというのもありますね。

そして会話だと、目の前の相手の話を聞く気になっているから、文章が途切れなくても理解しやすいんです。

 

これが司会だと、そうはいきません。

 

司会だと、会話じゃないから?

 

よく分かりましたね。

司会者に対してお客様は大勢いるので、どうしても司会者はマイクで舞台から一方的に喋る形になります。

 

お客様からすると自分に向かって話しているわけではないから、司会者の話を聞こうとしなくなるわけです。

 

まったく聞かないってわけじゃないけど・・・

 

マイクで話している人がいても、横の人とお喋りすることもあるわね

 

私はよくネタで「司会者なんて好き勝手に喋ってるだけですよ」と言いますが、実際には好き勝手に喋って、いつもお客様に聞いてもらえるとは限りません。

 

そしてただ喋るだけでなく、聞いているお客様に内容を伝えないといけません

とすると、文章も聞いている人が理解しやすくなるように、考えて喋る必要があります。

 

f:id:KEISHU:20191010164624j:plain

たとえば先ほどの文章を、司会が喋るとしたらどう話すかを考えて、手を入れてみたのがこちらです。

 

「イベントの司会をしてみたかったけれど、人前に出るのが苦手だからできるかどうか不安でした。それでも挑戦してみようと思い、司会を一度体験してみたんです。そうしたら、苦手だと思ってた人前で話すことが意外に思ったほどでもなくて、楽しく司会ができたんです。これからも司会に挑戦することを決めました」

 

 

マイクで話していると思うと、話がすごく分かりやすくなったよ

 

「。」を意識して増やしたのね!

 

「そうしたら~司会ができたんです。」のところが長い文章なので、抑揚や間の取り方で、聞いている人をひきつける技術が使えればなお良いですね。

 

他にも

 

POINT
  • 「。」を使う時に、「~でした。~でした。」と末尾のシメに同じ言葉を連続で使わない
  • 「~と思って、思い切って~」のところで「思う」が二連続で出ていたので、表現を変えた
  • 「苦手だと思ってた『こと』」や「意外に『そう』」のあいまいな表現を具体的にする

 

など、気を付けてみました。

 

色んなことを考えているのね!

 

上のPOINTをあえて逆に行うことで、面白い文章にして聞き手をひきつける技術もありますけどね。

 

奥が深い・・・

 

まとめ

 

今回のPOINT

文章の句読点を意識して話そう!

 

このように気を付けることで、話をされる相手は「あの人の話は不思議と理解しやすいんだよね」とか「なんか説得力あるな」と思うようになります。

 

営業や人に物を教える仕事の人は、業績アップ間違いなしですね。

 

よ~し、営業の仕事に就いて、バンバン結果出してお金持ちになるぞ!

 

・・・短絡的

 

以上

「司会者のこだわり 短めの文章で話して相手をひきつけよう」でした♪