喋るテンポを重視し舞台に惹きつけよう~動画も使って解説~

「司会者のこだわり」第18弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回はテンポについてお話しします。

 

今回のポイントたたみ掛けるように紹介しよう

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

前出しのテンポ

 

テンポってどういうこと?

 

話のテンポでしょ!早いとか遅いとか

 

もちろんそれはありますね。

ですが今回お話しするのは、前出しの時のテンポのことです。

 

前出し・・・?

 

前出しはこちらで説明しております。

keishu.hatenablog.com

 

出演者が舞台に出る前に紹介することよね

 

そうです。

その時には出演者のプロフィールを紹介するので、長くなることもあります。

 

そこのテンポが大事ってこと?

 

その時は普通に喋る感じでいいんです。

紹介文に自分のコメントを入れて、掛け合い感覚でゆっくり話しても大丈夫です。

 

「『20○○年にレコード大賞新人賞を受賞』。すごいですね~」みたいに。

 

お客様に紹介しているんだから、聞き取れるように、むしろゆっくりじゃないといけないわよね

 

時間が押している時は少し早口になることもありますけどね。

一通り紹介文を読み終わった後に、ついにタレントさんを舞台に出します。

 

この時です。

この時の勢いが大事です。

 

勢いが大事なの?

 

タレントさんが主役ですからね。

主役はバーン!と出さないといけません。

 

勢いがつくことで、お客様は盛り上がり、タレントさんも歌いやすくなります。

 

そっか、そうだよね!でも勢いってどうやって出すの?

 

気持ち早く言うといいですね。

そして、語気を強めるのも大事です。

 

  • 気持ち早口に
  • 語気を強く

 

YouTubeにアップした音声で聞き比べ

 

分かりやすくYouTubeに音声を上げてみました。

 

え!YouTube?

 

ブログの文字だけで見るより、分かりやすいかと思いまして!

 

色々なことに挑戦するのはいいことね

 

「お待たせいたしました。高橋慶舟さんの登場です」という短い文ではありますが、この短文でもNGとOKの違いがお分かりいただけるかと思います。

 

NGバージョン

 


前出しサンプル(NGバージョン)

 

OKバージョン

 


前出しサンプル(OKバージョン)

 

分かりやすい!

 

もっと長い文でもやったらどうかしら?

 

またの機会に試してみますね!

他にも、こちらの記事で紹介している方法もあります。

keishu.hatenablog.com

 

直前までゆっくり文章を読んでいても、このように紹介の瞬間の工夫で、出演者の方が引き立ちます。

 

司会者が喋っている時も、お客様がずっと舞台を見ているとは限りません。

出演者が出る時にお客様をグッと舞台に引きつけるためには、意識してテンポを変える喋り方が大事です。

 

舞台を印象付けるために、色々考えているんだね

 

司会者は黒子だもの。出演者を目立たせないとね!

 

繋ぎの時にもテンポ重視で

 

出演者の前出し以外にも、この方法は使えますよ。

 

どんな時?

 

舞台に出ていると、次の演目までを繋がないといけないことが、よくあります。

 

アクシデントとかで?

 

それだけではなく、次の舞台の準備に予想より時間がかかる時とかにも、繋がないといけませんね。

 

そんな時は、司会者は好き勝手に、とりとめもないことを話します。

 

自由だ・・・

 

ここが司会者の腕の見せ所だとは、この記事で紹介しました。

keishu.hatenablog.com

 

繋ぎですから、もちろん原稿を読むわけではありません。

つまり、お客様と会話のようになったり、司会者の話を聞かせたりして、舞台の進行から客様の意識は逸れてしまいますね。

 

そっちに意識が向いているもんね

 

そんな時に、次の演目の準備ができたらどうしますか?

もう繋ぐ必要がなくなりました。

 

え、次の出演者を紹介するんじゃないの?

 

ただ紹介するだけではいけません。

すでにお客様の意識は舞台から離れてますよ。

 

そっか!ここでさっき話していた、テンポ良く紹介する方法だ!

 

その通り。

勢いよく、少し早口に、語気を強く、「お待たせいたしました!」と紹介しましょう。

 

お客様の気持ちをグッと舞台に引き戻すんです。

 

f:id:KEISHU:20191103153350j:plain

「間」と「声のトーン」

 

もう一つ説明しておきましょう。

 

なに?

 

先ほどまでお話ししていたのは、次に登場するのが勢いある演目の時の、紹介方法です。

 

どういうこと?

 

たとえば、次に登場するのが日本舞踊だとしたら、どうします?

 

静かに始まり、静止の美が重要な踊りです。

勢いよく前出しをしては、違和感がありませんか?

 

たしかにそうだね

 

勢いついたと思ったら、始まるのがゆっくりな踊りだもの。なんか変な感じ

 

そんな時は、声のトーンを上手く使います。

 

間?

 

声のトーン?

 

「百聞は一見に如かず」とは言いますが、この場合は「百見は一聞に如かず」ですね。

 

またサンプル音声を録音しました。

 

「お待たせいたしました。お楽しみいただきましょう」


前出しサンプル(間と声のトーン)

 

実際には話の流れがありますから、もう少し変わりますが、大体こんな感じです。

 

「お待たせいたしました」で引きつけて

 

「お楽しみいただきましょう」でグッと落としてるのね

 

まとめ

 

今回のポイントたたみ掛けるように紹介しよう

 

前出しのテンポについてお分かりいただけたでしょうか?

 

うん!実際に音声を聞くと、分かりやすかった!

 

そうね。文字だけでは分かりにくいところも、理解できたわ

 

それは良かったです。

できる限りではありますが、次回以降もYouTubeを利用して、分かりやすくしていきますね。

 

もう全部YouTubeでブログやっちゃえばいいじゃん!!

 

それってブログって言うのかしら・・・

 

以上

「司会者のこだわり テンポを重視し聴衆を舞台に引きつけよう」でした♪