役職や議員の呼び方、二重敬語に注意~時にはわざと間違える

「司会者のこだわり」第23弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は役職ある方を紹介する時の、敬語の表現についてお話しします。

 

今回のポイント
  • 役職ある人の呼び方
  • 議員の呼び方
  • 二重敬語
  • わざと間違えることも大事

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

役職の呼び方

 

役職ってありますよね。

 

会長とか社長とか?

 

部長とか課長とか

 

司会で関わるのはイベントに来られる方が多いですから。

主に『会長』『社長』『委員長』『町長』などの役職の方と関わることが多いです。

 

その役職がどうかしたの?

 

その方たちをイベントの中で、来賓として紹介することがあります。

あるいは、お一言ご挨拶をいただくこともあります。

 

そんな時に、なんてお呼びしたら良いでしょう?

 

呼ぶって、なんか特別なことあるの?

 

普通に「○○さん」じゃダメ?

 

司会ですからね。

来賓でいらしている方の敬称が『さん』ではいけません。

 

じゃあ「○○様」って呼べばいいのかな?

 

それもいけません。

たしかに、人を紹介する時は基本的に、『様』で対応できる場面は多いです。

 

ですが、この場合はその役職ありきでお越しいただいているので、ちゃんと役職を言わなければいけません

 

そうね。じゃあ「○○会長」って呼べばいいのかしら

 

そうです。

名前の後に役職を付けて呼ぶのが正解です。

 

この呼び方は、小学生のうちからクラスの「○○委員長」や「○○先生」などで、馴染み深いと思います。

 

確かに!言われてみれば先生のことを・・・

 

名前の後に『先生』って付けて呼んでた!

 

来賓挨拶の紹介

 

たとえば来賓としてお越しになられた『会長』よりご挨拶をいただく時に、何と言ったらよいでしょうか?

 

かんたん!前回のブログでやったからね~!

 

「『○○会長』よりご挨拶を頂戴します」でしょ!

 

よく覚えてますね。

それでは、その後はなんて言いますか?

 

その後?

 

前回やってないよ?

 

「ご挨拶を頂戴します」とだけ言ってもいいのですが、「『○○会長』、よろしくお願いします」と付け加えてあげると、丁寧になりませんか?

 

そういうことか

 

丁寧になるわね

 

この時、直前に一度、役職でその方を紹介しています。

そしてこの「よろしくお願いします」は、その相手の方に直接話している言葉です。

 

そうだね

 

つまり、先ほど私は役職ありきでその人を呼んでいると説明しましたが、この場面で

 

「『○○様』、よろしくお願いします」

 

と言っても何もおかしくないということです。

 

『○○会長』でもいいんでしょ?

 

もちろん、どちらでも結構です。

このように、絶対に役職で呼ばなければならないというわけではないと、覚えておいてください。

 

f:id:KEISHU:20191112175224j:plain

議員の呼び方

 

上に挙げた役職の方以外にも、よく紹介することになるのが、議員の方達です。

 

議員って言うと・・・

 

衆議院議員』とか、『参議院議員』とか?

 

他にも私が住んでいる北海道で言うと、『北海道議会議員』『市議会議員』『町議会議員』『村議会議員』などがいます。

 

上で役職の例に出した『町長』とかも同じ分類ですね。

選挙で選ばれた方達です。

 

その議員さんたちがどうかしたの?

 

その議員さん達の呼び方で、『先生』という敬称は聞いたことありませんか?

 

う~ん、ない・・・かなぁ?

 

私はあるわ!刑事ドラマとかで!

 

そう、政治家が出てるドラマでは、この『先生』という敬称は聞くことが多いです。

 

そうなんだ・・・

 

ですが、この『先生』は議員の誰にでも使えるわけではありません。

 

え?そうなの?

 

ドラマで見てるんじゃないの?

 

そんなの意識して見てないもん

 

そうですね。

直接関わることもありませんので、知らなくても無理はありません。

 

本来『先生』という敬称は『代議士』つまり『衆議院議員』にしか使いません。

 

そうなんだ

 

『代議士』って言葉もあんまり知らなかったけど

 

『代議士』とは『衆議院議員』の別名です。

つまり簡単に言うと、

日本の国政に関わる、トップ議員の呼び方が『先生』なんです。

 

じゃあ、他の『参議院議員』とかを『先生』って呼んだら間違いなの?

 

間違いです。

 

へぇ~、司会者はそういうことも気を付けないといけないんだね

 

とは言ってもですね。

間違いを承知で、あえて議員を『先生』と呼ぶこともあります。

 

え!間違いなのに!?

 

気を付けている意味ないじゃん!

 

もちろん式典では使い分けに気を付けます。

ですが楽しいイベントやお祭りとかであれば、そこまで肩ひじ張る張る必要もありません。

 

多少間違っていても、相手を立てる呼び方をするのに、何も問題ありません。

『代議士』でない議員の方達も、『先生』と呼ばれるのに慣れていますしね!

 

自分は間違っても、相手を立てるのね

 

f:id:KEISHU:20191112174406j:plain

二重敬語

 

もう一つ気を付けることがあります。

これは社会人であればよく聞くマナーではないでしょうか?

 

どんなこと?

 

「『役職』に『様』を付けない」ということです。

 

たとえば?

 

「○○先生様」や「○○会長様」と言う言い方は間違いです。

敬称が二つになってしまっているので、二重敬語となってしまっているのです。

 

二重敬語?

 

敬語にもルールがあって、一つのことに対する敬語は一度までと決まっているんです。

 

たとえば「お越しになられる」と言う言葉。

「『お』越しにな『られ』る」と、分ければ分かりやすいでしょう。

 

二つ敬語が重なってしまい、逆に不適切な敬語の使い方なのです。

多くなりすぎると、逆効果なんですね。

 

「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」か

 

難しい言葉知ってるじゃない

 

つまり「『お』越しになる」と言えば正解なのです。

 

話を戻しましょう。

最初の例の「○○先生様」は『先生』『様』という敬称が二つあるので、間違いということが分かります。

 

司会者は二重敬語も気を付けて喋っているんだね

 

人前で話すんだもの

 

とは言っても、これも「議員のことを全て『先生』と呼ぶ」のと同じで、あえてそうすることもありますよ。

 

またわざと間違えるの?

 

今度も相手のため?

 

これは相手のためと言うより、場の雰囲気ですね。

お祭りやお笑い系のイベントであれば、「○○会長さん」と、フランクな言葉遣いで場を和ませるのに使います

 

まとめ

 

今回のポイント
  • 役職ある人の呼び方
  • 議員の呼び方
  • 二重敬語
  • わざと間違えることも大事

 

知らずに間違えていてはいけませんが、知っている人は正しく使うか、あえて間違って使うか、選ぶことができるんです。

司会者として、知識を蓄えた上で、話す言葉を選んで使うようにしましょう。

 

・・・

 

どうしたの?

 

・・・つまり間違えて怒られても、「知っててわざと間違えた」って言えばごまかせるんじゃない?

 

あ、あんた、本気で言ってるの?

 

よーし!間違いを気にしないで、自由に喋っていくぞー!

 

今回の内容を聞いた意味が全然ないじゃない・・・

 

以上

「役職や議員の呼び方、二重敬語に注意~時にはわざと間違える」でした♪

 


(関連性が高いこちらの記事もどうぞ! 2019/12/26追記)

keishu.hatenablog.com