『前』と『元』の使い分け!解散総選挙中の議員の呼び方は?

「司会者のこだわり」第26弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は役職の前につける『』・『』についてお話しします。

解散総選挙中の衆議院議員の呼び方についても説明しますよ。

 

今回のポイント

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

『前』と『元』の使い分け

意味

 

『前』『元』の使い分けをちゃんとできますか?

 

どういうこと?

 

接頭語って言うんですけどね。

たとえば、『・町長』と『・町長』の使い分けです。

意味合いが変わってくるんですよ。

 

どっちも、今じゃないけど、過去にその役職をやってたってことよね

 

お!いいですね!合ってますよ。

 

え~、なんで知ってるの?

 

ふふん。あんたとは違うのよ

 

その調子で、使い分けを説明してください!

 

つ、使い分けは、ちょっと・・・

 

ぷぷ!ダメじゃん!

 

あ、あんたよりはいいわよ!

 

痴話ゲンカはそこらへんにして、正解を教えますね。

 

痴話ゲンカじゃ

 

ない!!!

 

f:id:KEISHU:20191123165848j:plain

『前』

 

まずは『』ですね。

これは、一つ前の役職の人だけに付ける言葉です。

 

一つ前だけなの?

 

そうです。

 

二つ前はダメなの?

 

ダメです。

 

・町長』と言えば一つ前の町長。

・市長』と言えば一つ前の市長。

 

選挙で選ばれる役職だけでなく、会社の役職でも同じです

 

・社長』と言えば一つ前の社長。

・係長』と言えば一つ前の係長。

 

『元』

 

じゃあ、二つ前はどうするの?

 

三つ前や四つ前の人もいるよ

 

そういう方達は、『』を使って、ひとくくりで表現します。

 

・町長』は一つ前から遡って初代まで全ての町長。

・市長』は一つ前から初代まで全ての市長。

 

・社長』と言えば一つ前から遡って初代まで全ての社長。

・係長』と言えば一つ前から初代まで全ての係長。

 

『現』より前は全て『』なのね

 

その通りです。

 

  • 』は『現』以外の全ての方
  • 』は『現』の一つ前の方

 

このように分けられます。

 

じゃあ、『』はいらないじゃん

 

そうよね。全て『』で呼べばいいわ

 

分かりやすいし、間違えないね!

 

そういうわけにはいきません。

日本語の文化として、しっかり決まっているものですからね。

 

細かいのね

 

気にする方もいますからね。

司会者は、不快な思いをする方がいないように、正しい言葉遣いをしなくてはいけません。

 

f:id:KEISHU:20191123170239j:plain

司会の現場での使用例 

来賓挨拶

 

』や『』を意識して使い分けなきゃいけない時はあるの?

 

たとえば来賓挨拶で議員を紹介する時ですね。

 

現職であれば気にせず紹介しますが、現職でない時はその方の現在の状況を、特に気を付けます。

その場で急いでスマホで検索して、『』か『』か調べることもよくあります。

 

その場で!?

 

来賓の方は忙しいので、直前になって急きょ来られる方もいますからね。

事前に調べておけないのですから、仕方ありません。

 

でもそういう人を紹介する時って、資料があるんじゃないの?

 

そうだよね。主催者が来賓を呼んでいるんだから、情報なんて事前に分かるじゃん

 

主催者から渡される資料ですか?

そんな物はありませんよ。

 

え!ないの!?

 

ないと言うか、なんと言うか。

 

その場で「『』議員の○○さん来たよ!」と言われたり、「『』議員○○」と書かれた紙を手渡されたり。

そんなことはあります。

 

あるならいいじゃん

 

それ通りに言えば、調べる必要ないわね

 

いえ、まぁ、そう言うわけでも、ないんですけどね。

 

??

 

なんか、歯切れが悪いね

 

いえ、こういうことを言うと申し訳ないのですが・・・。

 

なにさ、言っちゃいなよ

 

声を小さくして言いますね。

 

主催者に教えてもらった情報が、間違っていたことがあるんです!

 

声を小さくしたのに、なんで色で目立たせるの・・・

 

実体験なのね

 

もちろん主催者の皆さんは喋りのプロでないので、『』と『』の使い分けが分からなくても普通です。

中には、しっかりと使い分けができていて、ちゃんと教えてくださる主催者もいます。

 

ですが司会者としては、絶対に間違えるわけにいきません。

こちらもプロですから。

 

そうだなぁ。調べた方が安心だよね

 

間違えたら全部、司会者のせいになるしね

 

そんなことは些細な問題です。

もし『』と『』を間違えてしまったら、主催者にも迷惑を掛けます。

 

迷惑が掛かるほどなの?

 

「そんな司会者を使うな!」や「主催者がしっかりしてない!」など、どなたから何を言われるか分かりません。

 

『備えあれば憂いなし』

『転ばぬ先の杖』

 

主催者のためにも、主催者からの情報を鵜呑みにせず、実際に話す司会者がキチンと調べないといけないんです。

 

f:id:KEISHU:20191123170307j:plain

解散総選挙中の呼び方

 

』や『』の呼び方について、司会者でなければ意識しないことを、もう一つお話ししましょう。

 

司会者でなければ?

 

普通の人は絶対に気にしません。

それは、解散総選挙中の議員の呼び方です。

 

解散総選挙・・・?

 

衆議院が解散して行われる選挙のことです。

簡単に説明しますね。

 

本当にカンタンにしてね

 

議員には任期があって、通常はそれを終える(任期満了)まで、議員であり続けます。

 

ですが衆議院のみ、解散という制度があります。

 

任期の途中でも解散して衆議院自体がなくなるので、全ての衆議院議員は議員じゃなくなるのです(議員としての地位を失う)。

 

議員じゃなくなっちゃうの?

 

そしてすぐに選挙が行われるのです。

それに当選すれば、再び衆議院議員になります。

 

なるほど。分かったよ

 

ではその解散総選挙中の、衆議院議員の呼び方は、どうしたらよいと思いますか?

 

すごい限定的な状況ね・・・

 

これが、実際にあったんですよ。

 

イベントは前もって予定してますからね。

急に解散総選挙が行われて、スケジュールが被ることは、現実的にあり得ると思いませんか?

 

言われてみれば、そうだなぁ

 

選挙で忙しくなるので、イベントにお越しにならない方もいますけどね。

逆に、約束通りお越しになる方もいます。

 

そんな時、現在は議員でないその方を、どのように紹介するか

これは、司会者でなければ気にしませんよね!

 

たしかに

 

実際、何て言うのが正解なのかしら?

 

とりあえず『様』か『さん』をつけておけばいいでしょ!

 

それだけではいけません。

来賓でお越しの方ですからね。

 

役職を紹介するのは絶対必要です

 

議員だってことを伝える?

 

衆議院議員○○様」ですか?

残念。誤情報を伝えているので、間違っています。

 

その時は解散してて、もう議員じゃないんだもんな

 

じゃあ無難に『』を付ける?

 

『現在』じゃない人は全て『』って言ってたもんね

 

「『衆議院議員○○様」ですか?

考え方は良かったのですが、残念。

惜しいですね。

 

』を使えない唯一のパターンは何でしたか?

 

』を付けて紹介する時・・・?

 

そうです。

衆議院解散のこの場合、『現』は不在なのですが、その前にその職にいた方なので

「『衆議院議員とお呼びするのが正解です。

 

f:id:KEISHU:20191123170431j:plain

まとめ

 

今回のポイント

 

「『』『』の使い分け」についてお分かりいただけたでしょうか?

 

よく分かったよ

 

解散総選挙中の議員の呼び方なんて、教えてもらわなければ分からないことだったわ

 

驚きと発見があったなら、お話しした私も満足です。

 

僕もちゃんと覚えたよ。間違えずに使うね

 

あんた、使う時ないでしょ。司会者になるの?

 

いいや、僕は将来、衆議院議員になる!!

 

また口だけなんだから・・・

 

以上

「『』と『』の使い分け!解散総選挙中の議員の呼び方は?」でした♪