司会者のこだわり30回記念~司会の師匠の深川導運について

「司会者のこだわり」第30弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は30回記念に、私の師匠についてお話しします。

 

今回のポイント
  • 司会者歴50年以上!
  • 天童よしみの専属司会者を14年!
  • タレントとしても北海道で活躍

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

深川導運

若い

 

師匠って・・・

 

今までにも話に出てきてるよね?

 

名前を深川導運(どううん)と言います。

1944年(昭和19年)5月15日、神田で生まれました。

戦中だったので、すぐに疎開で北海道に来ましたけどね。

 

本名は深川勝彦で、私は深川先生と呼んでいます。

 

このブログの2019年時点で・・・

 

75歳!?

 

バリバリ現役です。

見た目も非常に若く、どのイベントでもお客様に驚かれます。

 

イベントの間は基本的に座りませんし、ご飯も食べません

 

イベントの間って・・・

 

丸一日の時もあるじゃない!

 

そういう意味では私より若いですよ。

 

先生の分のお弁当を私がもらって食べることもあります。

先生が立ってる横で、私が椅子に座ってることもあります。

 

師匠はスゴいと思うけど・・・

 

弟子がスゴくなさすぎない!?

 

仕事

 

先生に来た司会の仕事は、私たち二人でやります。

 

司会者が二人なんて、聞いたことないわ

 

男の人がメインで、アシスタントに女の人、という形態は多いですけどね。

メインが二人いて、どちらも男性というのは、珍しいと思います。

 

  • 爺さんと孫(年齢差41歳)
  • 長年(6年間)の阿吽の呼吸

 

この二つが面白く、お客様にもウケています。

私たちは二人ともお笑いタイプなので、先生がボケて私がツッコミする、漫才のようなやり取りをよくやっています。

 

司会者が漫才・・・

 

f:id:KEISHU:20191129141241j:plain

来歴

歌手

 

深川先生は10代の頃から、歌声喫茶で歌っていました。

 

歌声喫茶

 

生演奏でお客が歌える喫茶店のことです。

私もよくは知りませんが、昭和30年代から流行し、カラオケの普及と共に廃れていったそうです。

 

そこで深川先生は歌って、お金をもらっていたそうです。

 

元々は歌手だったのね!

 

本人は「そんなたいしたものではありませんよ」と謙遜しますが、今でも周りからの歌の評判はすこぶる高いです。

 

司会者で舞台を繋ぐ時に、一曲歌ったこともありますからね!

 

漫才もそうだけど・・・

 

歌う司会者も聞いたことないわ!

 

司会者として

 

その後20歳過ぎから司会者をやるようになります。

スナックを経営することもあったそうですが、本格的に司会者を名乗るようになったのは29歳の時だそうです。

 

私も29歳で深川先生に弟子入りしているので、運命めいたものを感じますね!

 

深川先生は、他にお弟子さんはいるの?

 

先生が今までに教えてきた人は何人もいますが、全てを継いだ(継ぐ予定の)弟子として、先生からお墨付きをいただいたのは私だけです。

 

現在は私が唯一の弟子を名乗っております。

 

深川先生も誰かに教えてもらったのかな?

 

先生も師匠がいて、そこで7年修行を積んだそうです。

 

一人立ちするまでにそんなにかかるなんて・・・

 

厳しい世界だね

 

天童よしみ

専属司会者

 

深川先生はある時、有名になる前の天童よしみさんと出会います。

 

天童よしみって、あの天童よしみ

 

どの天童よしみよ・・・

 

日本人ならまず誰でも知っている、あの天童よしみです。

とある場末のスナックに、天童さんが歌いに来て、深川先生が司会をしたイベントがあったそうです。

 

そこで深川先生が天童さんのお母様に気に入られて、専属の司会者になることになります。

 

専属の司会者?

 

今の若い人には馴染みがないですよね。

最近の歌手のライブやコンサートに、司会者はいませんから。

 

見たことないわ

 

私もこの業界に入るまで知りませんでした。

演歌歌手で有名な方には、必ず専属の司会者がいたんです。

 

あの綾小路きみまろさんも、かつては森進一さんの専属司会者だったんですよ。

 

そうなんだ!

 

知らなかった・・・!

 

現在だと、北島三郎さんや氷川きよしさんも、専属の司会者がいます。

 

14年間

 

そして天童さんの専属司会者になった深川先生は、その後14年間、天童さんと一緒にツアーで国内を回ります。

 

14年間も!?

 

先生は「15年か16年かも知れません。はっきり思い出せませんから、少なく言っておきましょう」と言ってましたけどね。

 

多めにサバを読むわけじゃないのが、素敵ね

 

その間に天童さんは頭角を現し、紅白にも出場して、トップ歌手になります。

深川先生も忙しかったようですね。

この時のエピソードはたくさん面白い話があるのですが、別の機会にお話しします。

 

そんな天童さんの専属司会者を、どうしてやめたの?

 

え?やめたの?

 

14年間やったって過去形じゃない。理由があってやらなくなったんでしょ?

 

そう、やめざるを得ない理由がありました。

 

テレビ出演

 

深川先生は、実はお笑いタレントでもあったんです。

 

お笑い!?

 

司会者の他に、占い師でもあるんです。

そして手相鑑定をネタに、お笑い漫談や講演をたくさんしていました。

ちなみに、75歳の今も舞台で漫談を続けています

 

手相漫談って、島田秀平みたいね

 

あれ?司会者をして、お笑い漫談もするなんてさ・・・

 

あ!さっき話に出た、綾小路きみまろさんと同じじゃない!

 

そのお笑いが切っ掛けで、北海道のテレビのレギュラー出演が決まったのです。

 

レギュラーってどれくらい?

 

お昼の番組で、毎日です!

 

毎日!?

 

月~金まで、毎日です!

 

そりゃあ、北海道から離れられないよね・・・

 

そのため、天童さんの専属司会者を辞めることになったそうです。

ちなみに、この時に北海道テレビの専務が深川先生の芸名を決めて、『深川導運』となったそうです。

 

f:id:KEISHU:20191129141112j:plain

テレビタレントから再び舞台の司会者へ

 

そこから先生のタレント活動は熱を帯びていきます。

土日は司会者として仕事があり、平日はテレビタレントですからね。

休む暇もなかったようです。

 

忙しすぎるよ!

 

体を壊さないかしら・・・

 

そのテレビは終了するまでの6年間、毎日出演し続け、一度も休むことはなかったそうです。

 

鉄人過ぎる・・・!

 

他にも、たくさんの北海道のテレビやラジオ、CMに出演します。

レポーターとしてデパートや地方にも行くようになり、司会者としてではなく、タレントとして北海道で有名になりました

 

すごいわね!

 

ただし、その間は私が東京にいた時と、ちょうど被っているんです!

高校と大学が東京でしたから、北海道のテレビを見たことがなくて・・・。

 

あれ?じゃあ深川先生のことは・・・?

 

恥ずかしながら、弟子入りするまで知りませんでした

 

やっぱり酷い弟子ね!

 

恥ずかしいって言って、文字の色で目立たせてるもん

 

その後番組が終わったタイミングもあり、先生はまた舞台の司会者をメインとして、活動するようになります。

 

名誉や地位にこだわる人ではないので、有名になったテレビにも未練はありません。

「やっぱり舞台が好きですねぇ」と、今もよく言っています。

 

素敵な人ね

 

そんな時に、私が弟子入りで飛び込んだワケです。

 

飛び込んだって、どうやって?

 

弟子入りの時の話は、また別の機会にしましょう。

またキリ番の記念に話します。

 

まとめ

 

今回のポイント
  • 司会者歴50年以上!
  • 天童よしみの専属司会者を14年!
  • タレントとしても北海道で活躍

 

深川先生のことについて、お分かりいただけたでしょうか?

 

よく分かったよ!

 

今75歳ってことは、司会者として50年以上も舞台に立ってるのね!

 

それだけのキャリアがある方なので、どの現場でも、どんな人からでも「深川先生」と呼ばれています。

 

へぇ~、そりゃあスゴいなぁ

 

尊敬されているのね!

 

それだけ、人間性が素晴らしい方ですから!

 

師匠のことが大好きなのね!

 

・・・よし、決めた!

 

・・・何を?

 

僕も「先生」って呼ばれるようになる!!

 

あんたにそれだけの人間性があれば呼んであげるわよ・・・

 

以上

「司会者のこだわり30回記念~司会の師匠の深川導運について」でした♪