ショーの最後、演者がハケる時に流す音楽『チェイサー』とは

「司会者のこだわり」第35弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は『チェイサー』についてお話しします。

 

今回のポイント
  • 『チェイサー』とはハケる時の曲
  • 生演奏でしか使わない

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

チェイサー

業界用語

 

『チェイサー』??

 

『チェッサー』と言ったり、『チェーサー』と言ったりもします。

 

司会の用語なの?

 

司会と言うよりも、ショーで使う用語です。

今では、ほとんど使うこともない言葉ですね。

 

使わないの?

 

恥ずかしながら、私もこの業界に入って6年目にして、ようやく聞いた単語でもあります。

 

え!じゃあ、業界用語の中の業界用語じゃん!

 

言葉の意味は?どういう時に使うの?

 

説明していきましょう。

 

f:id:KEISHU:20200107183115j:plain

使うタイミング

 

『チェイサー』は、使うタイミングが限られています。

生バンドがいるショーの時しか、使わない言葉なんです。

 

生バンド・・・。オーケストラとか?

 

私が現場で一緒になったのは、ギターにベースに、ドラムやピアノがいるバンドでした。

でも、オーケストラでも使える言葉かも知れません。

 

f:id:KEISHU:20200107182307j:plain

 

ショーの最後に、演者が舞台からハケる時に鳴らす音楽のことを『チェイサー』と言います。

 

ショーの最後だけでしか流さないの?

 

何組も演者さんがいるショーであれば、その演者さんがハケる度に流してもいいかも知れません。

でも基本的には、メインの演者が終わる、最後の最後で流す音楽だと思ってもらって構いません。

 

なんで?

 

その方が、メインに箔が付くからです。

 

そもそも『チェイサー』は、ハケる演者を飾りつけるために、流す音楽です。

であれば、メインの演者だけに付ける方が、際立ちませんか?

 

なるほどね

 

まぁ、最終判断は司会者と主催者とバンドマスター(バンマス)で相談して決めます。

現場の判断で、より良い舞台を創っていきましょう。

 

ちなみに、ショーは歌だけではありませんから、歌手だけでなく、パフォーマーハケる時にも使えます

歌手がいないのに生バンドが用意されていることは、普通ありませんけどね。

 

f:id:KEISHU:20200107182059j:plain

名前の由来

 

なんで『チェイサー』って言うの?

 

英語で『chaser(チェイサー)』と言う言葉があります。

ご存じですか?

 

う~ん。知らないかも

 

ほら、お酒を飲む時に、口直しに飲む水のことを『チェイサー』と言うではありませんか。

 

余計、分かんなくなったよ・・・

 

お酒は難しかったですかね。

 

元々は『chase(チェイス)』と言う言葉で、「追う」という意味があります。

よく映画でも見る「カーチェイス」が有名ですね。

 

あ!それなら聞いたことある!

 

それが人を指す言葉になったのが『chaser(チェイサー)』です。

「追う者・追撃者」という意味です。

 

人を意味していたんだ

 

舞台の場合は、人ではなく音楽ですけどね。

 

f:id:KEISHU:20200107181524j:plain

ショーのイメージ

 

イメージしてください。

ショーが全て終わり、歌手が最後の曲を歌って、舞台袖にハケる場面です。

 

歌い終わってBGMがなくなり、お礼を言いながら袖に引っ込む歌手。

歌い終わった直後にフィナーレに相応しいBGMに見送られ、お礼を言って去る歌手。

 

華やかなのは、言うまでもなく後者ですよね?

 

それはもちろん・・・

 

そうだね

 

しかもショーは、司会者が最後に締めなければなりません。

『チェイサー』が鳴り終わったタイミングで司会者が「以上を持ちまして~」と入る方が、格好良くありませんか?

 

うん、格好良い!

 

演者のハケもショーの終わりも、何でも格好良くするのが、『チェイサー』のメリットでしょう。

 

f:id:KEISHU:20200107182439j:plain

生音限定

 

言うまでもありませんが、『チェイサー』は生バンドがいないとできません

 

そうよね

 

あ、でも、それっぽいことできない?

 

どういうこと?

 

録音した音源でフィナーレの音楽を流せばいいじゃん!

 

もちろん、そのようにされる演者さんは多くいらっしゃいます。

ですが、それを『チェイサー』とは言いませんね。

 

そっかぁ

 

あくまでも、生音が重要ということです。

 

なぜ最近は使わない?

 

そもそも、なんで最近は『チェイサー』って言わないの?

 

それは、生バンド演奏のショーが、少なくなっているからです。

『チェイサー』という言葉を、使う機会が減っているんですね。

 

え~、少ないかなぁ?

 

テレビでよく見るよ!

 

生演奏にこだわる音楽番組もあります。

『のど自慢』なんかも、そうですね。

ですがそれもごく一部。

 

ショーも同じ。

こだわる方もいますが、基本的にはカラオケ音源。

なぜか?

 

急に言われても・・・!

 

う~ん。生バンドを用意できない・・・とか?

 

そう、用意できないんです。

 

あ、人がいないの?世の中、人材不足って言うし

 

いえ、単純にお金がかかるからです。

 

それは、裏事情すぎない・・・?

 

話すと長くなるので詳細は別の機会にしますが、昔はキャバレーでショーがたくさんありました。

結婚式でも、生バンド演奏でした。

 

へぇ~、そうなんだ

 

なぜかと言うと、昔はカラオケがなかったからです!

 

カラオケがなかったの!?

 

それが今では、お手軽なカラオケがある。

お金もそんなにかからず、音も悪くない。

であれば、ほとんどの主催者がカラオケを選びますよ

 

そう言われれば、確かに・・・

 

f:id:KEISHU:20200107182656j:plain

まとめ

 

今回のポイント
  • 『チェイサー』とはハケる時の曲
  • 生演奏でしか使わない

 

『チェイサー』について、お分かりいただけたでしょうか?

 

よく分かったよ!

 

あるとないとじゃ、格好良さが違うのね!

 

じゃあ、僕にはいつも『チェイサー』をつけてね!

 

・・・は?

 

格好良くなるじゃん!

 

いや、アンタにいつ『チェイサー』をつけるタイミングがあるのよ

 

むしろ、僕自身が『チェイサー』になるよ!

 

マジ意味不明

 

あのー、盛り上がってるところ、申し訳ありません。

 

どしたの?

 

本来の英語では、『チェイサー』には「女の尻を追う男」って意味もあるんですよ。

 

・・・!!

 

ザマーミロ!

 

以上

「ショーの最後、演者がハケる時に流す音楽『チェイサー』とは」でした♪