闇営業~芸能界では昔から当たり前の『ショクナイ(内職)』

「司会者のこだわり」第37弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は『闇営業』についてお話しします。

 

今回のポイント
  • 『ショクナイ』=『闇営業』
  • 芸能界では昔からあった
  • OKなショクナイとNGなショクナイがある

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

ショクナイ

ショクナイとは?

 

や、闇営業・・・!

 

2019年に、かなり話題になったわよね

 

私も、芸事の世界に生きる人間です。

この話題に触れるか触れまいか悩んで、ひとまず時間を空けることにして、2020年になるのを待ってました。

 

話しにくいことなの?

 

いえ、そんなことはありません。

闇営業に関しての、私の考えを言うつもりはありませんからね。

 

じゃあ何を話すの?

 

闇営業とは昔はどのような言葉で、どのように行われていたかの話をします。

 

f:id:KEISHU:20200108000340j:plain

 

そもそも『闇』という言葉を使うから、印象が悪くなるんです。

 

この芸能界では、昔から普通に行われていました。

 

え!そうなの!?

 

あれだけ、問題だ!って騒がれてたのに?

 

一昔前は、闇営業ではなく『ショクナイ』と言う言葉を使っていました。

 

『ショクナイ』・・・?

 

芸能界は、よく逆さ言葉を使いますよね。

銀座を『ザギン』。寿司を『シースー』。

 

ってことは・・・『ナイショク』?

 

そう。

『内職』です。

 

あ!イメージが合った!

 

『細々とやる内職』と、『こっそりやる闇営業』

表現方法は違いますが、同じようなことですね。

 

『内職』でも『ないしょく』でも『しょくない』でも、言いやすければ何でもいいのですが、ここでは『ショクナイ』で表現を統一します。

 

f:id:KEISHU:20200108000013j:plain

OKなショクナイ

 

業界用語になるくらい、当たり前のことだったの?

 

当たり前のことだったようですね。

 

ただし、吉本興業の問題で有名になった闇営業とは、違う使い方もしておりました。

 

違う使い方?

 

事務所を通さず直接仕事を受けることが、闇営業です

それはもちろん、『ショクナイ』でもあります。

 

他にも、内職っぽいことがあるの?

 

それを紹介しましょう。

 

たとえば、タレントさんが仕事で地方営業に行ったとします。

 

東京から北海道に行く・・・みたいな?

 

そのイメージです。

地方のプロダクションが開催するイベントに、呼ばれて営業に行くことは、今でも普通に行われています。

 

じゃあ何が『ショクナイ』なの?

 

その時に、他のイベントに出演してしまうことが、『ショクナイ』に当たります。

 

他のイベント?

 

普通の地方営業の場合、旅費は地方のプロダクション持ちです。

元々のイベントが終わった後に、こっそり違うイベントにも出てしまうと、旅費を払っているプロダクションは面白くありませんよね?

 

そうね。それなら自分で旅費払えってなるわよね

 

それが、ダメな『ショクナイ』なんだね

 

ダメな『ショクナイ』と言えばそうなんですが、現実にはよくあることでした。

 

ダメなことなのによくあるの?

 

地方のプロダクションに、前もって断りを入れておけば話が通ることも、普通にあったんです。

 

「呼ばれてるイベントが終わった次の日に、新曲のキャンペーンでお店を何店舗か回らせてもらいます」

 

と言っておけば、OKが出ていたんです。

世間的に大っぴらにはしないので、『ショクナイ』は『ショクナイ』ですけどね。

 

まぁ、プロダクションが許すなら、問題ないよね

 

f:id:KEISHU:20200108000049j:plain

NGなショクナイ

 

しかし、許されない『ショクナイ』もあります。 

上の例で言うと、呼ばれているイベントに出演する前に、他のキャンペーンに参加してしまうこと、です。

 

元々のイベントが開催される前か、後かが重要なの?

 

プロダクションは、呼んでいるタレントで集客をしようとしています。

予定しているイベントよりも先に、そのタレントと違うところで会えるとなったらどうです?

プロダクションが開催するイベントに来るお客さんが少なくなると思いませんか?

 

あ!

 

確かに!

 

これがいけない『ショクナイ』です。

 

元々のイベントが終わった後の『ショクナイ』であれば、プロダクション側も百歩譲ってOKを出します。

 

しかし、先に行う『ショクナイ』は絶対にNGなんです。

 

なるほどね~

 

OKな『ショクナイ』とNGな『ショクナイ』が分かりましたか?

 

言われてみれば納得ね

 

過去には、いけない『ショクナイ』をしてしまい、業界から干されるタレントもいたそうです。

 

今も昔も、してはいけないことをしてしまう人がいるんだね・・・

 

f:id:KEISHU:20200108000140j:plain

まとめ

 

今回のポイント
  • 『ショクナイ』=『闇営業』
  • 芸能界では昔からあった
  • OKなショクナイとNGなショクナイがある

 

『闇営業』について、お分かりいただけたでしょうか?

 

よく分かったよ!

 

今の時代では、全部NGな『ショクナイ』よね

 

事務所を通さないのは、全てご法度です。

 


ちなみに今回の内容ですが、私がこの業界に入るより前の時代のことなので、自分で体験した話ではありません。

しかし、この道50年以上の師匠から聞いた話を元にまとめております。

 

内容の信憑性は、もちろんご安心ください!

 

以上

「闇営業~芸能界では昔から当たり前の『ショクナイ(内職)』」でした♪