ラーメン屋でサインを求められた話~無名の自分はどうする?

「司会者のこだわり」第40弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は40回記念の特別編で、こだわりではなく、『サインを求められた話』をします。

 

今回のポイント有名じゃない自分でもサインを書くべきか否か!?

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

サインを求められた話

普通の司会者はほとんどない

 

サインって、色紙に書く?

 

そう、色紙に書くサインです。

 

え!サイン求められるなんて、芸能人じゃん!

 

司会者は、いわゆる芸能人ではありません。

そもそも司会者は黒子ですから、タレントさんと一緒に舞台に立っても、サインを求められることなんて普通はありません

 

そうなの?

 

目立たないのね

 

まぁ、舞台が終わった直後なら「握手してください」とか「一緒に写真を撮ってください」くらいは言われることもありますけどね。

 

それでも、テレビで見るような芸能人ほど、多くはありません。

 

でもスゴイじゃん!

 

応援してくださっているのですから、もちろんありがたいことです。

ですが今回はサインの話です。

詳しく説明していきましょう。

 

f:id:KEISHU:20200122233337j:plain

師匠とラーメン屋へ

 

それは、師匠と一緒にラーメン屋に入った時のことです。

 

師匠?

 

深川導運という師匠で、以前このブログで紹介したことがあります。

keishu.hatenablog.com

 

このブログで紹介してますが、師匠は北海道のテレビに毎日出ていたので、司会者としてではなく、タレントとしての知名度があります

 

すごいわね!

 

北海道に住む500万人が対象のテレビですから、札幌から遠く離れた地方に行っても、師匠を知ってて声を掛けてくださることがあるんです。

一緒に入ったそのラーメン屋も、札幌から140km離れた旭川にあります。

 

そのラーメン屋で、何かあったの?

 

分かった!お客さんに声を掛けられたのね!

 

いいえ、お客さんではありません。

ラーメン屋の店主が、師匠の深川先生のことを知っていたんです。

 

f:id:KEISHU:20200122233637j:plain

サインを書く師匠

 

店主に声を掛けられたんだ

 

そう言えば、ラーメン屋って芸能人のサインが多い気がするわ

 

そう、そのラーメン屋も、他にたくさんの芸能人のサインが飾られておりました。

 

タレントに詳しい店主なんだね

 

席についてラーメンを頼んだ後に、その店主が声を掛けてきたんです。

 

「テレビに出ていた深川先生ではありませんか?」と。

 

もちろん隠す理由などなく、深川先生も「そうです」と答えます。

 

すると、「いつも見てました」と言いながら、サイン色紙とマッキーを出してきて、「よければサインをください」とお願いしてきたんです。

 

おぉ~!想像はできるけど、実際に見ることはほとんどない場面

 

ラーメン屋の店主も慣れてるわね

 

深川先生も慣れております。

「いいですよ」と言いながら、サラサラとサインを書きます。

 

まさに芸能人だね!

 

かっこいい!

 

しかし、私にとっての問題はここからでした。

 

深川先生が、自分のサインを書き終わった後に、私に色紙を渡してきたんです。

 

!?

 

なんで?

 

なんでだと思います?

 

あ、「店主に色紙を渡してきて」ってことかな

 

残念ながら、私たちはカウンターに座っていたので、店主は目の前にいます。

 

じゃあ、もしかして・・・

 

そう。

私にもサインを書くように言ってきたのです。

ご丁寧に、色紙の半分、スペースを空けて。

 

f:id:KEISHU:20200122233955j:plain

有名じゃない自分はサインを書くべきか?

 

へぇ~!それでどうしたの!?

 

もちろん書いたんでしょ?師匠の言いつけだしね

 

まさか!

 

必死で抵抗しました。

 

私は芸を生業にしている司会者ですが、タレントでも芸能人でも、何でもありません

ラーメン屋の店主も、深川先生のサインが欲しいだけで、私のサインはいりませんよ!

 

そうかなぁ・・・面白そうなのに

 

当時すでに、私は独り立ちしていましたが、知名度は全くありませんからね。

誰か知らない人のサインをもらっても、ラーメン屋の店主だって困っちゃいます。

 

それはそうね。お店に飾れなくなっちゃう

 

でもさ、ラーメン屋にはよく知らない人のサインもあるよね

 

・・・まぁ、そういうこともあるわね

 

なら同じように、一人くらいよく分からない人のサインがあっても、良かったんじゃない?

 

身も蓋もないわ・・・

 

今考えれば、『私の名前を人目に付くようにしてあげたい』って、師匠の心遣いだったのかも知れません。

 

結局、そのサインは?

 

師匠の名前が書かれているだけで、全体としてはバランスの悪い色紙になりました。

 

不肖の弟子ね!

 

f:id:KEISHU:20200122234444j:plain

まとめ

 

今回のポイント有名じゃない自分でもサインを書くべきか否か!?

 

『サインを求められた話』について、お分かりいただけたでしょうか?

 

よく分かったよ!

 

こんな感じで師匠が知名度ある方なので、一緒に街を歩いていると、たまに声を掛けられることがあります。

 

すごい師匠ね

 

師匠に引き立ててもらって、今の私があります。

お応えできるように、これからも精進していかないといけませんね!

 

じゃあ、いつかサインを求められたら、ちゃんと書いてね!

 

そ、それはちょっと・・・

 

引っ込み思案!

 

ラーメン屋でサインを求められた話~無名の自分はどうする?」でした♪