師匠に弟子入りした軌跡を紹介!全ての出会いと縁に感謝!

「司会者のこだわり」第50回です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回は50回の記念に「私が師匠に弟子入りした時」の話をします。

 

今回のポイント50回記念!弟子入りした経緯を紹介

 

 

弟子入りの軌跡

深川先生とは

 

師匠の深川導運先生の話は、今でに何度もしています。

例えばこの記事ですね。

keishu.hatenablog.com

 

もうすっかり覚えたよ

 

芸能界で50年以上活躍しているスゴイ人なんでしょ!

 

そんな師匠ですから、全く芸能界に縁したことのない私が、黙っていて知り合えるはずがありません

 

そりゃそうだ

 

向こうはテレビに出てる人だしね

 

どうやって知り合って、弟子入りしたか気になりませんか?

 

いや、別に

 

ちょ、アンタ空気読みなさいよ!

 

ま、まぁ……芸能界に入りたいという誰かがこのブログを見れば、役に立つかも知れませんからね。

 

ほら、傷ついてるじゃない!

 

えー!だって本当に興味ないんだもん!

 

……50回記念なんですけど。

 

f:id:KEISHU:20200408234341j:plain

ギタリストの先輩に相談

 

ということで、弟子入りした時の話です。

 

私がこの業界に入る前から良くして頂いている方で、プロのギタリストがいます。

この方は若い頃から癌を何度も乗り越え、現在は夢を叶えて音楽学校のギターの講師をしている方です。

 

スゴイ人だ!

 

尊敬しており、色々な相談をさせて頂いてました。

そんな様々な相談の中で、その方に「喋る仕事がしたい」と、私の思いを話したことがあったんです。

 

喋る仕事がしたかったのね

 

地元の集まりや町内会でのイベントで、素人ながら司会をしており、上手だと褒められて調子に乗っていたんです。

自分の長所を活かして人の役に立てる、この喋る仕事を本業にしたいと思ったんです。

 

どこまでも人のため、だね

 

司会をやる楽しさから志したこの業界ですが、この時はまだ司会者として生きていこうとは考えておりません。

ただ、声を使った仕事をしたいという思いだけでした。

 

それで、そのギタリストの先輩が深川先生を紹介してくれたの?

 

いえ、違います。

直接ではないというだけで、その先輩のお陰なんですけどね。

 

どういうこと?

 

その方がとあるイベントに出演した時に、イベントの司会を務めた女性の司会者に、私のことを話したそうです。

 

「司会をしたいという若い男がいるけれど、どうでしょうか?」と。

 

f:id:KEISHU:20200408233833j:plain

女性司会者と電話で面談

 

その女性の司会者というのが、深川先生と昔からの知り合いでした。

司会者は女性が多い時代ですので、折よく深川先生も、後継者として男性の若い司会者志望を探していたそうです。

 

すごい縁ね!

 

ただし、会ったことない私を深川先生に紹介するなんて、できるわけがありません。

「まずは私と直接話をしたい」と、ギタリストの先輩を通して連絡がありました。

 

その方は札幌から140km離れた旭川の方なので、電話で話をしたんです。

 

おぉ~、ドキドキするね

 

色々と話した結果、その方に認められ、私を深川先生に紹介してくれることになりました。

 

やったわね!

 

ただし、こうも言われました。

 

「私ができるのは紹介するところまで。あとはあなた次第よ」

「紹介された深川先生にも、あなたに司会を教える義理はないわ」

 

めっちゃ厳しくない!?

 

夢だけを見させない、カッコ良い方です。

最後には、「頑張ってね。応援してるわ」と言って電話を切られました。

 

素敵ね

 

わざわざ私のことを深川先生に繋げてくださったんですから、私にとってその女性の司会者の方は恩人になります。

 

余談ですが、今では年に一回、とあるお祭りで顔を合わせています。

 

f:id:KEISHU:20200408233403j:plain

深川先生と対面

 

そしてついに、札幌市内のとある場所で、深川先生に会うことになりました。

 

お!ついにこの時が来たね

 

前にもブログで紹介しましたが、深川先生は縁を大事にされるお方です。

自分で言うのも何ですが、ちょうど後継者を探していた先生にとって、私はピッタリの人材でした。

 

それは当然、私にとっても、渡りに船の話です。

 

声の仕事をしたかったんだものね

 

実は、深川先生を紹介される少し前に、自分で行動を起こしていたのです。

札幌にも司会の会社がいくつかあるので、それらに直接電話を掛けて、「司会者になりたいんです!」と直訴していました。

 

意外に行動力あるね!

 

引っ込み思案な私ですが、勇気を出しましたね。

しかし、全て断られました。

 

可哀想……

 

そうでもありません。

この時に断られていなければ、深川先生に弟子入りしての、今の自分はないのですから。

 

確かに……

 

縁って不思議ねぇ

 

余談ですが、この断られた時に、とある会社から言われたことがあります。

 

「うちには養成所もあります。あなたをうちの生徒として教えることはできますが、男性の司会者が求められる仕事はほとんどありません。訓練したのに仕事がない状態になってしまったとしても、責任は取れません」と。

 

酷くない!?

 

いいえ、全く酷くありません。

なぜなら、責任が取れようが取れなかろうが、生徒にして授業料をもらえばいいのですから。

その方が会社の利益になるではありませんか。

 

言われてみれば……

 

立派な会社です。

ちなみに、司会者となった今は、その会社所属の女性司会者と一緒に舞台に立つこともあります

断られた時の思い出は、今では笑い話ですね。

 

f:id:KEISHU:20200408234016j:plain

まとめ

 

『私→ギタリストの先輩→女性司会者→深川先生』という順で伝わっていき、無事に弟子入りすることができました。

 

どれか一つでもピースが欠ければ、今の司会者としての私もありません。

全ての出会いに感謝しています。

 

運命だね!

 

深川先生に弟子入りした後、「マイクを持つまでにどれくらいかかったか」「デビューまでに何をしたのか」など、またの機会にお話しします。

 

楽しみにしてるわね!

 

以上

「師匠に弟子入りした軌跡を紹介!全ての出会いと縁に感謝!」でした♪