司会者にあるまじき恥ずかしい実話を紹介~Jアラートとは?

「司会者のこだわり」第55弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

今回はゾロ目の記念に、「自信が体験した、司会者にあるまじき恥ずかしい話」を紹介します!

 

今回のポイント
  • Jアラートとは?
  • 行政のイベントは注意事項が多い

Jアラート

「Jアラート(全国瞬時警報システム)」という言葉は分かりますか?

 

聞いたことあるわ!

 

2017年頃、北朝鮮が弾道ミサイルを放つことにより、危機感が強まりました。

ミサイルが放たれた時、即座に国民に知らせるため警報が鳴るようになり、全国民が知ることになった言葉です。

 

最近は聞かないから忘れてたよ

 

実は、緊急地震速報Jアラートの一つです。

 

え!そうなの!?

 

緊急地震速報は「Jアラート」と言わずに「緊急地震速報」としか言いませんから、Jアラートのイメージがないですよね。(参照:総務省消防庁公式HP

f:id:KEISHU:20200712230611j:plain

実際に体験した話

注意事項にJアラート

さて説明は以上としまして、本題は私の経験した話です。

司会者として様々なイベントのMCを務めている私は、とある地方自治体が開催するイベントのMCを担当することがありました。

行政が運営するイベントなので、MCが言わなければならない注意事項も多岐にわたります。

その注意事項の中に、「Jアラート」についても記載があったのです。

 

へー!どんな感じ?

 

「Jアラートが鳴った場合は、慌てて避難しないようにお願い申し上げます」という風に、注意を促していました。

Jアラートなんてそうそう鳴らないだろうと思いながらも、万が一のために注意を払うのが公的機関ですから、MCとしても必ず言わなければなりません。

f:id:KEISHU:20200712230713j:plain

Jアラートが鳴るも気付かず

そのイベントは二日間に渡り開催され、両日とも朝から晩までの長時間で、司会者としても大変な仕事です。

初日が夜遅くに終わって、疲れきった私は思ったより寝てしまい、次の日の朝にニュースを見る暇もなく家を出ました。

 

別にニュース見なくてもいいじゃない

 

それがそうでもなかったのです。

仕事現場のイベント会場に着いたら、関係者の公務員に「今日は朝から北朝鮮がミサイルを発射してましたねー」と言われたのです。

 

え!そうだったの!?

 

早朝に北朝鮮がミサイルを発射し、Jアラートが鳴っていたのです。

イベントの最中でないとはいえ、まさか注意事項としてJアラートの話をする二日間のイベントの時にJアラートが鳴るなんて、驚きですよね!

 

しかし問題なのは、私がそれを知らなかったことです。

「え、Jアラート鳴ったんですか?」と返してしまいました。

 

気付かなかったくらいで、問題になるのかしら?

f:id:KEISHU:20200706220401j:plain

後編に続く

続きは次回に。

司会者としてどれだけ反省すべきことなのか、説明していきます!

 

以上

「司会者にあるまじき恥ずかしい実話を紹介~Jアラートとは?」でした♪