ながら勉強その2~能動的なことは一つだけ!総合効率で判断

「正しい勉強の仕方」第55弾です。

 

今回は何を教えてくれるのかな?

 

前回の続きで、「ながら勉強」についてお話しします。

同じテーマで4回に分けて紹介します。

 

1回目は、「ながら勉強の模範例」を紹介しました。

2回目は、「ながら勉強のコツ」を紹介します。

3回目は、「ながらに長けた偉人」を紹介します。

4回目は、「自身のながら体験」を紹介します。

 

今回は2回目ね!

 

今回のポイント
  • ながら勉強は受け身だからできる
  • 総合的な効率を求めよう

 

前回の記事

keishu.hatenablog.com

 

 

前回の復習

 

前回は「ながら勉強の例」を紹介しました。

 

覚えてるよ!「食事しながらの勉強」と……

 

「リスニングしながらの勉強」よね!

 

そうです。

今回は「ながら勉強のコツ」を紹介します。

 

前回のポイント
  • 受験生には時間がない
  • ながら勉強を実践しよう

 

f:id:KEISHU:20200224154909j:plain

ながら勉強のコツ

 

ながら勉強ですが、「動画を観ながら」と「リスニングをしながら」に、共通点があることに気付きませんか?

 

え、共通していること?

 

何かあるかしら?

 

答えを言いますね。

それは、どちらも受動的だということです。

 

受動的?

 

英語で「受動態」って勉強したわ

 

そう、受け身と言う意味で、能動的の反対です。

つまり「自分からアクションを起こさなくても、自動で向こうからやってくる」と言うことです。

 

自分が動かなくてもいいんだ

 

脳の構造的にも、同時にいくつかのことを行うのが難しいとは、前回のブログの最初に説明した通りです。

しかしそれでも、ながら勉強ができるのは、これが受動的なことだからです。

 

能動的だとできないの?

 

できないわけではありませんが、難しくなります。

これは誰でも、感覚的に理解しているはずなんです。

 

感覚的に?

 

例えば前回お話しした「数学の問題を解きながら歴史の年表を暗記する」こと。

とてもではないですが、できることではないと思いますよね?

 

うん、絶対無理だわ

 

これは「数学の問題を解くこと」「歴史の年表を暗記すること」の、どちらも能動的だからです。

自分からアクションを起こしてますね。

 

あ!本当だ

 

そして前回のブログで例に出した「ご飯を食べながら動画を観る」は、自分からアクションを起こしているのは「ご飯を食べること」だけです。

「リスニングをしながら勉強をする」は、「勉強をすること」だけが、能動的です。

 

一つだけなのね

 

片方が受動的だからこそ、ながら勉強は成り立ちます。

 

ながら勉強をする時は、このように能動的なことは一つに納まるように、心がけてください。

 

ながら勉強のコツ能動的なことは1つだけ!

 

f:id:KEISHU:20200227175821j:plain

受け身ではなく自発的に

 

今回の話と関係ない余談ですが、昔から大人が子どもに「本を読め」というのは、小説を読むことが能動的だからです。

自分の頭の中で映像を描くのは、受動的にはできません。

 

想像しないといけないもんね

 

何事も能動的に動いてこそ力が付くのは、古今東西、古来よりの習わしです。

 

しかし小説を読むのが苦手な方、ご安心ください。

私も根っからのマンガっ子です。

 

マンガを読んで勉強ができるようになった、私の実体験をブログに書きました。

keishu.hatenablog.com

 

とは言っても、最近はアニメが大人気なので、マンガすら読まずにアニメしか観ない子どもが増えています。

 

アニメで好きになって、原作の漫画を読む人もいるわよね!

 

クールジャパンですからね。

しかし人気があるのは良いことですが、その状況に警鐘を鳴らす方もいます。

 

何かが心配なの?

 

マンガはまだ自分から読んでる感覚がありますが、アニメはより受動的に感じると言うことです。

 

えー、そうかしら?

 

ページをめくる必要もありませんからね。

何もしなくても、場面は次々と変わり、情報が入ってきます。

 

確かにそうだけど……

 

とは言ってもですね。

大人が好きなドラマや映画だって、そっくりそのまま、同じことが当てはまると思いませんか?

 

あ、本当ね!

 

どんなことでもマイナスな面があれば、プラスな面も必ずあります。

いずれ機会があれば、アニメを観ることによる勉強面でのメリットを、しっかりと紹介しますね。

 

f:id:KEISHU:20191202234326j:plain

ながら勉強の効率

 

ながら勉強の効率について、誤解がないようにお話ししておきましょう。

 

効率?

 

もちろん良いから、お勧めしてるんでしょ?

 

それはそうです。

しかし同時に二つのことを行う時、二つとも100%の結果を求めてしまい、ながら勉強の効率が悪いと思ってしまうことがあります。

 

100%の結果は出せないの?

 

先ほども言ったように、脳の構造的にも100%の結果を求めるなら、一つのことだけに集中した方が良いです。

 

ながら勉強の目的は、総合的な効率です。

 

二つ同時に行うならば、それぞれで60%の結果を出すように、心掛けてみてください。

 

60%って低くない?

 

そんなことありませんよ。

60%を二つ足したら、どうなりますか?

 

「60+60=120」で、120%の結果を出したことになります。

 

おぉ!すごい!

 

一つに集中して出した結果である、100%を超えていますよね。

 

数字のマジックみたい

 

前回のブログで例に出した、食事中の勉強も数字に置き換えてみましょう。

食事を0%とすると、ながら勉強をしない場合は、そのまま0%の結果です。

 

そりゃそうだ

 

ながら勉強をすると、「食事0%+ながら勉強60%=60%」となり、何もしない時よりも格段に結果が出ていますね

 

勉強した分が、そのままプラスになるんだものね

 

このように、ながら勉強は総合的な効率で判断をします。

 

逆に言うと、試験前で一つの科目だけを勉強すれば良い時は、それに集中すると良いということになりますね。

バランス感覚が大事です。 

 

ながら勉強の効率総合的に判断をしよう

 

f:id:KEISHU:20200227180407j:plain

まとめ

 

今回のポイント
  • ながら勉強は受け身だからできる
  • 総合的な効率を求めよう

 

「ながら勉強のコツ」について、お分かりいただけたでしょうか?

 

よく分かったよ!

 

私にもできそう!

 

次回は「ながらに長けることで歴史に名を残した偉人」を紹介します。

 

以上

「ながら勉強その2~能動的なことは一つだけ!総合効率で判断」でした♪