『杜子春』朗読~半日掛けた製作時間と再生回数は比例しない

YouTubeに新たに【名作小説朗読】動画を3本投稿したので、投稿後の反応について書き記します。

 

杜子春(1)

どんな作品?

芥川龍之介『杜子春』は、教科書に載るほど有名な作品で、親の有難さを教えてくれます。

中国の原文を元にした、芥川龍之介なりの大胆なアレンジが光りますね。

動画公開後の分析

動画がこちらです。

youtu.be

公開から一週間経って、再生回数はわずか3回です。

クリック率

分析では「インプレッション」に対する「クリック率」0.4%と、今までにない低い数値になっています。

サムネイルが良くないのでしょうか?

杜子春(2)

動画がこちらです。

youtu.be

上の『杜子春(1)』の2日後に公開しました。

公開から5日経って、再生回数はたったの1回です。

クリック率

「インプレッション」に対する「クリック率」は『杜子春(1)』と同じ0.4%と、異常に低い数値になっています。

視聴者維持率

しかし実際に見た人の「視聴者維持率」は、99.8%になっています。

聞いてくださった、たった1人の方が、最後まで聞いてくれたということですね!

杜子春(3)

動画がこちらです。

youtu.be

上の『杜子春(2)』の2日後に公開しました。

公開から3日経って、再生回数は4回です。

クリック率

「インプレッション」に対する「クリック率」0.7%と、上の二つの動画よりは良いですが、それでも低い数値になっています。

視聴者維持率

「視聴者維持率」27.4%と、高くありません。

最後まで聞いてくださった方が1人いて、後の3人は最初の方ですぐにやめてしまったのでしょうか?

再生回数

『まとめ版』のせいで伸びない?

不思議なことに、前回の『羅生門 』から再生回数が減り始めました。

前にも分析しましたが、分割公開後に『まとめ版』を公開することが、私の動画を聴いてくださる方には周知の事実になったのでしょう。

『まとめ版』そこそこの再生回数になっているので、理由はそれしか考えられません。

 

朗読動画作成にかかる時間

とは言え分割公開をせずに、『まとめ版』ばかり公開するわけにはいきません。

なぜなら、その『まとめ版』30分の朗読動画を作るのに、半日は費やしているのです!

 

全編まとめて録っているのですが、『杜子春』の場合はお昼から収録を始めて、その後に編集作業をして、気になったところを録り直して……とやっていたら、全てが終わった時には夜の9時でした。

(この編集がメチャクチャ時間がかかる!)

 

気持ち的には丸々1日、YouTubeのために使った感じです。

f:id:KEISHU:20200212184502j:plain

週に3日はYouTubeを更新することにしているので、とてもではありませんが毎回そんな動画を作ることはできません。

どうしても、分割公開せざるを得ないのです。

まとめ

小説の朗読の場合、地の文を淡々と読まなければなりません。

となると必然、聴いている方からしたら、飽きが来ます。

それも、再生回数が減っている原因かも知れません。

 

今までのようにただ小説を朗読するのではなく、ちょっと違う何かが必要になってきたのかも知れません。

 

著作権を気にしなくてよければ、何千冊と持っている私の秘蔵のマンガの中からチョイスして、自由にセリフ朗読したいんですけどね!

(演技できることもアピールできるし)

 

以上

「『杜子春』朗読~半日掛けた製作時間と再生回数は比例しない」でした♪